双子の夜と魔女の生贄


 魔女の加護を受ける〈ネクタルの一族〉で生まれ育った双子は、〈大人〉になる前にどちらかが魔女の生贄に捧げられるさだめ。双子の妹・ユイは姉のために生贄になる覚悟を決めていた。しかし、流星群の夜に出会ったふしぎな旅人・ハヤに、ユイの心は揺さぶられ……。
 生贄として一族に囚われたハヤの真意とは? 双子は彼を助けることができるのか?
13歳の少女たちが紡ぐ、ひと夏の成長物語。
(サークルサイトより)

sanka

 このお話のすごいところは、読み終わっても『まだあの世界を見足りない』と思わせてくれるところです。

 気のいい隣人のように、適切な距離で存在する妖精たち。
 流星群の夜に現れた、不思議な青年。
 空にはふたつの月が浮かんで、コンドルが見張るように飛び回っている――

 主人公は、そんな不思議な世界で生きてきた、13歳の双子の姉妹です。
 活発で歌のじょうずな姉のアイ。おとなしくて裁縫を趣味とする妹のユイ。
 正反対な二人ですが、手をつないで仲良く生きてきました。
 しかし二人の前には『双子のどちらかを生贄にしなくてはいけない』という一族の掟が、冷たく待ち構えていたのです。

 双子の姉妹はどんな選択をするのか?
 現れた青年の正体は?
 美しい世界に隠された謎とは?

 他にもたくさんの『?』が現れては、物語に引き込んでいってくれます。

 幻想的な世界観はもちろん、キャラクターも魅力的。
 一見ばらばらな『?』が互いにつながり合って、
 さいごには、うつくしい真実として明かされていきます。

 やさしくて、きれいで、心地良い物語でした。

 読み終わった後も、まだまだあの世界を見たいと感じます。
 ぜひ自分の手でページをめくって、世界に浸って、彼女たちを追いかけて欲しい。
 この世界を知れてよかった。素直にそう思える、素敵な一冊でした。


発行: かぶ☆けん文芸部
判型:文庫(A6) 340P
頒布価格:1300円 / イベント売り1100円
サイト:かぶ☆えき
レビュワー:鳥野りと