さよなら楓ちゃん

arasuji

kansou
まー……ピンク色のかわいらしい装丁で……ねえ。

結論から言うていい?いいかな?

……あかん、あかんよぉーこの話は!
オロオロオロ

めっちゃ泣ける奴やないか。。

なんかもうそれが全てやわ。
切ない。切なすぎる!!

女の子の友情ってなんて美しくて残酷なのだろう、と
いう表現ではまだ半分。
この小説の妙は、それをぬいぐるみを通して暗示的に映しているところ。

だから、さよならを言う相手は、友だちではなく、
あくまで楓ちゃんなのだね。

卒業アルバムの厚い革の表紙を開けば、
大好きだったあの子は、まだ不器用な笑顔のまま。

data
発行:白昼社
判型:文庫(A6)
頒布価格:400円
サイト:ネコトコ
レビュワー:にゃんしー