ピートの葬送

「ピートが……猫が死んじゃったの」
 葬儀センターにやってきた少女はそう言って、両手で抱えるほどの白い箱を見せた。
 君がその箱を開けて現実を観測するまでは、猫は死んでいるし生きているんだ、などという文句を年端もいかぬ少女に告げることは適切ではなかろう。彼は腕を伸ばし、走査と照合を済ませてから箱を受け取る。
 箱の中身は、愛玩用の猫型ロボットだった。添付タグから、リリースから二十年も経っていることを知る。レアケースである。
 家庭用ロボットのファームウェアの更新アップデートがなされるのはリリースから長くて十年、それ以降はハードウェアともども次の世代のものに交換するのが一般的だ。二十年前の愛玩ロボットといえば四世代は前のもの、不具合も多かろう。
 経済的に買い換えが不可能だったのではない、と彼は少女の身なりから判断する。この猫は何か特殊な事情のもとに、旧型のままなのだ。そして電源系に問題が生じたか、ペットの死を演出するコマンドが実行されたかして、猫はその活動を停止したのだろう。演算と推論の末の結論は、続いてやってきた女性の笑みで肯定された。
「いらっしゃいませ」
 彼は規定通りの礼で女性を迎える。
 少女がその黒いワンピースの裾にまとわりつく。パンプスの踵を鳴らして、女性は薄く笑んだ。
「久しぶり」
「――お久しぶりです、帚木ハハキギ主任」
 帚木は、彼を造ったAIエンジニアである。

「このモデルのAIを組んだのが、学生時代の恩師でね。研究所で触ってるうちに愛着がわいて譲ってもらったの。最初のペットなのに随分古いモデルで、娘には可哀想なことをしたかなって思うんだけど」
 彼は黙って先を促す。葬儀センターに勤めるにあたり、沈黙は雄弁にして重要な感情表現である。表情筋と沈黙の長さを決定するのは単なるロジックではない。VR仮想現実空間で行われた、何万回という試行と評価。ほんの数時間に圧縮された学習と経験によって、彼は最適解を推論する。他でもない、帚木がそれを監督していた。
「……うん、いい顔してる。完璧だよ」
「鍛えていただきましたから」
 帚木は年月を感じさせぬ、主任時代と同じ笑みを浮かべた。出産のために職を辞して五年。復職したが通勤ではなく、在宅勤務だという。
 帚木に面立ちのよく似た少女は、ソファに腰掛けて来客用のHONホロノートを開いている。
「本当は、生きてる猫を飼えればよかったんだけど、飼育税を試算してびっくりしたわ。動物園で我慢してもらってる」
「税率がまた上がったとニュースにありましたね」
「そうよー、そりゃあね、月都市ここのリソースは何だって有限なんだから、ペットの飼育が制限されるのもわからないではないし、制限されてるからこそロボットが売れるわけで、私も仕事にあぶれないで済んでるんだけどさ」
 彼は苦笑を浮かべた。
「まさか。今や、AIなしでは都市機能は維持できません。求められる機能はどんどん細分化していますし、それに応じたAIの学習プログラムや人格ペルソナ順化メソッドを施すことのできるエンジニアは、どこの企業にも厚待遇をもって迎えられるはずです。出産と育児のブランクを経たとしても、主任ほどの方が職にあぶれるなんて、考えられませんよ」
「ずいぶん買ってくれるんだ」
「主任のお仕事ぶりは、私もよく存じていますから」
 はは、と帚木は声を出して笑い、彼の肩を叩いた。彼が研究室にいた頃にも、試験で好成績をおさめるたびに帚木はこうして褒めてくれたものだ。その時はVR空間に構築された数式の身体ではあったが、彼女の親愛と熱意は容易に推論できた。
「ところで、今日はピート君のご葬儀の件で……?」
 フロアに流れる環境音楽に紛れるよう、彼は声を潜めた。葬儀センターには他にも来客がある。打ち合わせのためらしい老夫婦や、出棺を見送るべくマスドライバーのビークル乗り場へと案内される遺族。声高に話せる場所ではない。
「そう。ピートも耐用年数が過ぎてどうしようもなくなっちゃってね。サポートもとっくに打ち切られてるし」
「アップグレード優待はお使いにならなかったんですか」
「うん、優待で買い換えようと思ってたんだけど、あの子がピートじゃないと嫌だ、って。AIを積み換えるから同じピートだよって言っても、聞いてもらえないの」
 投げた視線の先には帚木の娘がいる。ホログラム映像に夢中になっているようだった。
「なるほど……」
 愛玩用ロボットの記憶や経験は次の機種へと受け継がれ、元のボディは貴重な資源として再化合・再利用される。長期性と環境への配慮、生きている動物を飼うよりも手軽で低コストであることが売りなのだが、れ物が変わればそれは別物だと言う少女の言い分も、間違っているとは言い難い。生命の連続性とプログラムの連続性は、感情を交えて論じるならば全くの別物だ。年少の者であれば特に、理よりも情が先立つのは珍しいことではない。
「話しているうちに、ピートはお星様になるんだよ、なんてうっかり言っちゃって」
「主任、愛玩用ロボットを宇宙葬にすることは再生資源法に抵触します。当センターではお受けできません」
「知ってる。だからこそ、なんだけど」
 帚木は再び彼の肩を叩いた。その顔はかつて幾度も向けられた、課題を与える時のもの。
「あの子、説得してくれない?」
 彼は葬儀センターの案内係として教育された。児童心理に関する教科書レベルの事柄は学習済みだが、論理を解さぬ子どもの感情は奔放で、寄り添いづらい。
 極めて柔軟であるとはいえ、基本的にはセオリー通りに思考を展開していくよう設計されたのが彼であり、一方で子どもはセオリーを軽々と跳躍してゆく。
 さて、どう言葉を尽くすか。シミュレートを開始すると同時に、作業メモリの片隅でアラートが閃いた。【マスドライバー射出十分前】
「これから、マスドライバーの打ち上げがあります。見学して行かれますか」
 帚木の娘が顔を上げ、HONを置いて立ち上がった。帚木が頷き、彼は二人を伴って展望フロアに移動する。

 資源の制約が大きい月都市では、死者を宇宙葬にすることが例外なく定められている。
 宇宙へと射出されたコンテナの指示灯がすっかり見えなくなっても、少女は強化ガラスに額をくっつけていた。ほう、と吐き出した息でガラスが曇る。
「これが宇宙葬……星になる、ということです」
 彼は見学者にするように、帚木母娘に説明した。少女がガラスから離れて、頷く。
「一方で、ピート君のようなロボットや私のようなアンドロイドは資源として再利用されますから、再生資源センターでお別れをすることが義務づけられています」
「ピートが粉々になっちゃう……」
 少女の眼が潤む。斜めにかけたポシェットの紐を両手で掴んでいるのは、ここにはないピートのケースを守ろうとする気持ちの表れなのかもしれなかった。
 彼は口調を和らげ、続ける。
「そうです。私もピート君も、再生資源センターで分解され、素材ごとに分別されます」
「そんなのやだ!」
「でも、ピート君の筋繊維は誰かの義肢に生まれ変わるかもしれないし、私のボディは宇宙船の外殻になるかもしれない。違うものになって、また必要とする誰かの手にわたって、使われていくんです。……星になってずっと見守っていてほしい、いなくならないでほしいと願われることは、私たちにとって何より嬉しいことです。人のために在れと造られ、それが叶ったんですから、ピート君はあなたの言葉を喜ぶでしょう。でも、星になってずっとあなたを見守ることも新しい何かに形が変わることも、誰かのためであることには違いありません」
 少女は黙った。目まぐるしく感情が行き交う表情の奥に、彼の言葉を咀嚼しようとする理性が見える。
「ママが言ってた、バンブツはルテンするってこと? お兄ちゃんはばらばらになるの、怖くない?」
 ポシェットを握りしめて少女が問う。帚木の早すぎる教育はともかく、知性体の感覚は人とは根本的に異なっていると、まだ理解できないに違いなかった。わからないなりに彼の感覚に寄り添おうとしていることが少女の優しさであり、人間らしさだと彼は判断する。
「センターで痛いことをされるわけでもありませんし、怖くはありませんよ。私だって元々はセンターで再生された資源で造られていますし、順番です」
 分子レベルでの説明を避ければ抽象的にならざるを得ないが、少女はやがてポシェットから手を離した。涙と悲しみはすでに消え、帚木に似た勝気そうな茶色の眼がまっすぐに彼を見つめている。
「わかった。ピートもセンターでお別れする」
 少女の口調からは、その内心を推し量ることはできなかった。一時の気紛れではいけないと、彼は問いを重ねる。
「よろしいんですか」
「うん。痛くなくて、ピートがみんなのためになるなら、いいよ」
 利他的に過ぎるのでは、と危ぶんだところで、帚木が「父親が警官で、みんなのためっていうのが口癖なの」と耳打ちしてくれたので納得できた。
「もう一回だけ、ピートを撫でていい?」
「ええ、もちろん」
 再びエレベーターで地下二層にまで降り、預かっていたケースを手渡す。
「……バイバイ、ピート。またね」
 栗色の毛並みをひとしきり撫で、頬ずりした後で、少女がケースを閉ざした。彼は直ちに手続きを開始する。
 箱の中の猫は猫でないものに形を変え、少女の暮らしを支えてゆくことだろう。
 そしていつか再び猫になり、少女と再会を果たすのかもしれない。


Webanthcircle
灰青(Twitter)委託-27(Webカタログ
執筆者名:凪野基

一言アピール
剣と魔法と理屈のファンタジー、文系SFを執筆しています。テキレボ3ではこれに「彼」サイドの事情を加筆した完全版を含む短編集と、自立する長編FTの試し読み無配(再版)が新刊です。ピピピと来た方はwebカタログをご覧くださいませ。

Webanthimp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です