貫き通す

 ぱたぱたという軽い足音に、刺繍の手を止める。
 黒色の糸が見分けられないほど濃い藍色の布を膝の上に置くと同時に、重いはずの扉が意外に軽く開いた。
「リュリっ! 来たっ!」
 不意の光に目を瞬かせたリュリの耳に、この家の主人の末娘サーラのあくまで明るい声が響く。もう一度目を瞬かせて目の中の煌めきを追い払うと、腰掛けているベッドの側に一足で現れた小さな影に、リュリは小さく微笑んだ。
「外! 行こ! リュリ!」
 そのリュリの、まだ針を持っている手を、サーラが乱暴に掴む。そのサーラの、被り布を着けていない頭に針を持っていない手を当てると、リュリは刺繍針を慎重に藍色の布に刺した。
「大人と一緒じゃないと屋敷の外に出るのダメだって、お母様が」
 サーラが興奮している理由は、リュリにも分かっている。辺境の地を支配する伯の屋敷の裏手に位置するこの部屋にも、人々のざわめきは届いていた。今日、この屋敷に現れるはずの人々と、その目的も。
 子供達の家庭教師兼お針子としてリュリが住み込みで働いているこの屋敷の主が忠誠を誓っている、この辺境の地から幾つもの山や谷を越えた先に位置する豊かな平原を支配する王の命で、この家の長女が王の腹心の一人と婚約した。その王、ヴァルトの腹心が、今日、サーラの長姉マイラを迎えに来る。その準備と出迎えで、屋敷はごった返している。だが、病身のリュリに手伝えることは、少ない。幼いサーラが人々の邪魔にならないよう、見張っていることぐらいだろう。もう一度、にこりと微笑むと、リュリはベッド横の腰棚の上に置いておいた白い布を掴んだ。
「外に出たいのなら、被り布を被らないと」
 リュリの腕を掴んで小さく暴れるサーラを宥めるように、白い布を膝の上に広げる。布端をびっしりと埋めた赤と緑に、サーラは暴れるのを止めて目を丸くした。
「うわっ、きれい」
 サーラの賛辞が、耳に心地良く響く。
 この地方では、家の外に出るときには必ず、未婚の女性は白の、既婚の女性は濃い色の被り布を被らなければならない。その被り布の端に自分の好きな花の刺繍を施すのが、お洒落の一つ。
「これ、あたし、の?」
「ええ」
 濃い緑の枝に咲く赤い野薔薇が、サーラの好きな花。小さい子には少し派手かもしれないから、花を少し小さめに、緑の枝葉が目立つように。そう思いながらの刺繍を、気に入ってくれたようだ。早速無造作にサーラの頭に乗せられた白色の眩しさに、リュリは思わず目を細めた。
 そのサーラの柔らかい腕を、そっと掴んで引き寄せる。
「きちんと留めましょう。外で被り布が外れたら恥ずかしいですからね」
 リュリの声に少しだけ鼻を鳴らしたサーラが、それでも少しだけ俯いて大人しくなる。そのサーラを膝の上に乗せると、リュリは腰棚の櫛を取ってサーラの亜麻色の髪にあてた。
 それにしても、サーラの髪を手早く梳いてまとめながら、心の中で首を傾げる。結婚する女性は、たくさんの布製品を用意するのが、習わし。しかしマイラの婚儀では、綺麗な服も、身を飾る宝飾品も、用意する必要は無いと、婚儀をまとめたヴァルト王自身からの言葉があったらしい。おそらく、先王の末子に過ぎなかったヴァルトが王冠を得ることに賛成も反対もしていなかったこの家の主に対し、人質の意味をも込めて、マイラと自身の腹心との婚儀をまとめたのだろう。マイラは、大丈夫だろうか。父親から婚約のことを聞かされて以来ずっと塞ぎ込んでいたもう一人の教え子の小さな背中を思い出し、リュリは小さく首を横に振った。考えても、仕方が無い。幸せかどうかは、マイラ自身が決めること。王の腹心だとしか知らない男性が、意外と優しいことも、あるかもしれないのだ。……そう。不意に、小柄な影がリュリの脳裏を過ぎる。あの人は、無口で、村人達からは孤立していたけれども、リュリには、……優しかった。
 幼い頃、リュリはここから山一つ超えた場所にある小さな村の長の娘として、質素ながらも不自由の無い生活を送っていた。病弱な娘に、父は読み書きと計算を、そして母は刺繍を教えてくれた。そして、村以外の、外の世界のことを教えてくれたのは、ならず者から村を守るために父が雇った元傭兵が連れて来た子供、アキ。戦士である父から戦う技を叩き込まれていたアキは、小さな身体と女性に見紛うほどに整った顔立ちに似合わぬ強さを持ち、村を襲おうと窺っていたならず者達を騙して戦闘不能にできるほど頭が良かった。
 野や森に咲く花々を、アキは夏も冬も、晴れの日も雨の日も、ほぼ毎日、リュリの私室の窓の桟に置いていった。病弱で外に出ることが殆どできなかったリュリが様々な花を被り布に刺繍できるのは、アキのおかげ。花の名を知った理由も、アキが、置いた花の横に白墨でその花の名を記してくれたから。
 そのアキを最後に見たのは、月が少し欠けた夜。この村を、出て行く。雨戸を叩きリュリを起こしたアキが最初に口にした言葉に、リュリの胸は握り潰された。その日、突如村に現れた王都からの逃亡者、王の末子ヴァルトに付いて行く。夜よりも深かったアキの瞳の色に、リュリは頷く他無かった。そして。
「一緒に、行こう、リュリ」
 アキの言葉に、首を横に振る。
「婚約者がいるの。だから、……一緒には、行けない」
 偽りを口にしたリュリに、アキは微笑んでリュリに背を向けた。
 その後のアキの行方を、リュリは知らない。刺客に襲われたヴァルトを庇って命を落としたとも、再起を図るためにヴァルトと共に渡った異国で病に斃れたとも、噂では聞く。リュリの方は、アキがいなくなってすぐに保護者であった父が斃れたため、僅かな婚資を妹に譲り、この辺境伯領で領主の娘達に父母から習い覚えた技を教える職に就いた。領主夫妻は、病弱ですぐに熱を出してしまうリュリにも優しい。領主の娘達も、少々甘やかされてはいるが物覚えは良い。穏やかな生活の中で、たった一つだけ後悔していることは、……アキに対して口にしてしまった、嘘。
 これで、良かったのだろう。はしゃぐサーラの、ピン無しで留めた被り布の揺れに、ほうと息を吐く。たとえアキに付いて行ったとしても、身体の弱い自分は、アキの足手まといになっていた。だから。想いを心の奥底に押し込むと、リュリは、端を白の蔓草模様で処理した自分用の白い被り布を手に取った。リュリのような、どこにも嫁がないまま年を経てしまった女性が身に着けることができるのは、顔をすっぽりと隠す、飾り気のない白の被り布。この布なら、目立つことは無い。ピン無しで被り布を固定すると、リュリは部屋を飛び出しかけたサーラの腕を掴んだ。

 簒奪するように王位に就いたヴァルト王の腹心一行を見定めるためだろう、屋敷の表門は、集まった人々でごった返していた。
「あそこ。マイラ姉様がいる場所が空いてる」
 目敏いサーラに引っ張られるようにして人々の間をすり抜ける。小さなサーラにも何とか姉が見える場所、そして集まった人々の影に隠れる場所で、リュリは何とか立ち止まった。
「マイラ姉様、大丈夫かな?」
 小さく尖らせた口から出たサーラの言葉に誘われるように、屋敷の表門前に両親と共に立っているこの家の長女マイラの方を見やる。ヴァルト王から贈られた、おそらく異国との交易品であろう、身体を包み込むほどに大きく、青白い横顔が透けて見えるほど薄い被り布をすっぽりと被ったマイラは、普段よりも小さく、リュリの目には映った。大丈夫。掛けたくなる声を、堪える。リュリには、……声を掛ける資格は、無い。
 その時。複数の馬の嘶きに、はっと顔を上げる。先頭にいた、意外に小柄な人影に、リュリの鼓動は止まった。あの、整った横顔は。最後に見たときよりも背は高く、そして頬も腕も細くなってはいるが、夜よりも深くなる視線は、……変わっていない。
「アキ」
 出掛かった声を、喉で消す。
 ここにリュリがいることを、知られてはいけない。嘘は、貫き通す。きちんと被り布を被っておいて、良かった。馬を下り、薄い被り布ごとマイラを抱き上げたヴァルト王の腹心、アキに見つからないように、歓喜する人々と白い被り布の影で、リュリは涙を拭った。

   *   *

 行く手を埋め尽くす村人達に違和感を覚え、心の中で肩を竦める。僅かな風に揺れる、この地方の女性達が身に着ける独特の被り布に、アキは目を細めた。
 心に浮かぶのは、アキが毎日窓辺に置く花を喜んでくれた小さな少女。病弱で、刺繍が得意で、つたないアキの話を飽きることなく聞いてくれた少女。しかしその少女は、アキの前から去ってしまった。今のアキは、王位を得た新王ヴァルトの、腹心の一人。その王の命で、敵でも味方でもない辺境伯の娘と結婚することに、アキは何の感情も抱かなかった。この身は、ヴァルト王のもの。あの方のためなら、なんだってする。まだ王子であった頃のヴァルトを刺客から庇った時に負った脇腹の傷が痛んだように感じ、アキは馬上でぐっと背を伸ばした。ヴァルトと共に渡った異国では、病に斃れる仲間を何人も看取った。その仲間達の分まで、ヴァルト王を支えねば。アキの心にあるのは、その想いだけ。
 と。
 目の端に入った、赤と緑に、記憶が強く揺さぶられる。あの、小さな子の頭で揺れる刺繍には、確かに、見覚えがある。でも、まさか。花の刺繍が上手だった少女の、小さくも優しい嘘を思い出し、アキの心は大きく揺れた。しかしながら。ここに、あの少女が、リュリがいるとしても、今の自分は、ヴァルト王の命に従うのみ。それが、……「一緒に行こう」と口にしつつも、リュリを幸せにする自信が無かった、アキの贖罪。だから。王が定めた自身の花嫁を、アキは迷うこと無く抱き上げた。


Webanthcircle
サークル名:WindingWind(URL
執筆者名:風城国子智

一言アピール
西洋風&和風ファンタジー書き。今回は恋愛ファンタジーっぽいもの(多分)を寄稿しております。西洋風ファンタジー長編、和風ファンタジー連作掌編集、未来ディストピア風連作掌編集、大学舞台の現代連作短編集のうちどれか二種類を委託予定です。

Webanthimp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です