枝葉末節

 帰城すると、いつものように主と近侍、そしてそれぞれの弟達が迎えてくれた。
「お帰りなさい」
「只今、戻りました」
 隊長が主へ報告をする。
「皆、傷を負う事なく時間遡行軍を撃破して参りました」
「そうですか。よかった」
 安堵の表情を見せる主に皆が微笑む。
「さすが一兄!」
 言いながら、わらわらと集まる短刀達の後ろから、控えめに兄の下へ向かう短刀。
「江雪兄様、宗三兄様……お帰りなさい」
 腹に顔を埋めるように抱きつく。
「明石、お土産は?」
 小さい大太刀と短刀が何かを強請っている。
「蜂須賀兄ちゃん、おっかえりぃ~!」
 肩に亀を乗せた脇差が嬉しそうに迎えていた。そんな様子を横目で見ながら、廊下を進んでいく。
「兄者、怪我がなくて何より」
 安心したような、嬉しそうな顔で近づいてくる。
「ああ、えーと……うん、弱い敵だったから」
 言いながら弟の体をかわすように通り過ぎる。
「あ、兄者……」
「ん? なに?」
 付いてくる足音に足を止めずに背中で聞く。
「あ、あの、疲れただろう。先に湯殿で疲れを取ってきては?」
「あー、うん、そうだね。少し汚れちゃったし」
 階段を上がり、奥から一つ手前の部屋に入る。僕と弟、二刀きりの部屋は、きちんと片づけられていて、ご丁寧に湯浴みの用意までされていた。それを手に取り、そのまま湯殿へと向かう。僕の後に黙ってついてくる弟に、歩きながら声をかける。
「一緒に入るのかい?」
「あ、いや、兄者の衣服を洗おうと思って……」
「そう、いつも悪いね」
「そんなことはない。俺がやりたいからやってるいるのだ」
 なぜ必死に言い訳をするのかわからないが、無意識に笑みを零してしまう。
「……兄者?」
「ん?」
「あ……いや、何でもない」
 そして湯殿に到着する。脱衣所は誰もいないようで静かだった。脱衣篭に着替えとタオルを入れ、衣服を脱いでいく。それらを拾い集める弟。
「それじゃあ、湯に浸かってくるよ」
「ああ、長湯をしてのぼせないように」
「子供じゃないんだから……大丈夫だよ」
 そう言ってからからとガラスの引戸を開けた。湯気で覆われる湯船から湯桶で湯を掬い、体にかける。そして湯船に体をゆっくりと沈める。
「ふぅ~……」
 無意識に声が漏れ出す。
「ん? その声は髭切かな?」
 湯気の奥から声が聞こえる。
「ありゃ、誰もいないかと思っていたよ。失礼をしたね」
「いやいや、この湯気では何も見えないから仕方がないよ」
 そう言ってちゃぷちゃぷと水音が近づいてくる。
「おやおや、キミだったのかい」
「ああ、どうだい、髭切も一緒に遊ぶかい?」
 あひるのおもちゃを複数個浮かべている。
「いや、遠慮しておくよ。長湯はするなと弟に言われていてね」
「ははは、膝丸はしっかりものなのか心配性なのか」
「さあね~」
「まあ、髭切のことを思ってのことだろう」
「どうだろう~」
 他愛ない会話をしている間に体が程良く温まる。
「先に失礼するよ」
 ざばっと湯船から上がり、シャワーの前に座って髪と体を洗う。全身がさっぱりしたところで、もう一度湯船に浸かる。じゃぶじゃぶと湯船の真ん中に腰を下ろす。
「これは髭切殿」
「おや、先ほどは隊長ご苦労だったね」
 青竹色の髪の刀が窓を背に浸かっていた。
「いやいや、髭切殿こそ見事な会心の一撃でしたな。おかげでこのように早く帰城できました」
「そりゃよかった」
「あまり遅くなると、弟達が心配するのでね」
 そういえば、この刀の兄弟は短刀だけでかなりいるんだったな。
「小さな弟、しかも沢山いると大変そうだね」
「大変と言えば大変ですが、皆、可愛い弟ですから、それほどでもありませんよ」
「それはすごいね。僕も見習わなきゃいけないかな」
「え?」
 少しの間の後、ざばっと立ち上がる。
「ほら、あまりにも永く生きちゃったから、色んなことがどうでもよくてね」
 じゃぶじゃぶと湯の中を歩く。
「自分の名ですら忘れてしまうくらい、何もかもどうでもいいんだ」
 湯船から出る。
「先に失礼するよ」
 からからと引戸を開けると、何刀かがこれから入ろうと衣服を脱いでいた。
「あ、髭切さん、膝丸さんが入口で待ってましたよ」
「そう、ありがと」
 言いながら体の水滴を拭き取り、衣服を身に付ける。タオルを肩にかけてから脱衣所を出た。
「兄者!」
 嬉しそうな顔で僕を迎える。
「部屋で待ってればよかったのに」
「いや、兄者に何かあったらすぐ駆けつけられるようにと……」
「心配しすぎ」
 言い放ち、すたすたと部屋に向かって歩いていく。
「あ、兄者!」
 追いかけてくるも、振り返りはしないし、足も止めない。
「あ、兄者、怒ってしまったのか?」
 慌てる口調にも動じず、足の速度も緩めない。
「兄者、兄者……」
 背後から聞こえる必死な声を聞きながら部屋に着く。すっと襖を開け、中に入る。押入れから布団を出して一組だけ敷く。
「少し疲れたから横になる。夕餉の時間になったら起こして」
 ごろんと布団の上に転がり、弟に視線を向ける。
「膝丸も横になるかい?」
「あ……にじゃ……」
 顔をくしゃくしゃにして涙を零している。
「ほら、おいで」
 僕の隣をポンポンと叩く。
「あにじゃー!」
 飛び込むように隣に転がってくる。
「ふぁ~ぁ、疲れた。おやすみ~」
 言いながら、愛しい弟の体を抱き枕のように抱きしめて、眠るフリをする。
「あにじゃ、あにじゃ」
 胸元から名を呼ぶ小さな声が嬉しそうで、思わず笑みを零しながら、腕の力を少しだけ強めた。


Webanthcircle
サークル名:雑食喫茶(URL
執筆者名:モモウメ

一言アピール
二次創作は主に刀剣乱舞。和風ファンタジー、NL、BL、GL、R18、R18G、などなんでもアリの雑食主義(オリジナルは梅川もも名義)。同人歴浅いですが、どうぞ宜しくお願い致します。

Webanthimp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です