うみたま

 気がついたら海の底にいた。
 えっと。
 気がついたら海の底にいた、とは、いったいどういうことだろう。
 ぐるっと、首を回してみた。
 やっぱり、僕がいるのは碧い碧い海の底だった。
 周りを悠然と魚たちがすり抜けていく。なんという魚だろう、銀色のうろこがはっきりと輝いて見えるから、ここはそんなに深い場所じゃないらしい。でも確かに海の底だ。
 息ができないはずなのに、苦しくもなんともなかった。冷たくもなく、濡れている感覚すらなかった。……僕は、魚になってしまったのだろうか。
 体を起こして、立ってみた。
 手を見た。指が五本あった。
 足を見た。指が五本あった。
 股ぐらを見た。海水パンツのままだった。やはり人間の姿をしている。
 強い水流に引き込まれ、波の下に飲み込まれ、水をがばがば飲んで、空気をごぼごぼ吐いて、うすらぼんやりしていく意識の中で、海面の向こうの太陽がきらきら輝いていたのを覚えている。そのまま僕は沈んで、……気づいたら海の底にいた。
 岩がごろごろ、海草がゆらゆら、碧と光が混ざる世界を、細っこいのや太いのや、いろんな色かたちの魚が列をなし、輝いて陰って泳いでいく。ただ、水はどこまでも透明とはいかず、魚たちは遠ざかると灰色になって消えた。やっぱり、海の底だ。
 ここで僕はぽんと手を叩いた。
 何か変だと思ったら、体が浮かないのだ。浮力を感じない。水圧も感じない。海底に足をつけたまま、突っ立っている。
 浮いてみようと思った。平泳ぎの要領で、水面に向かって、一心に水をかいてみた。……さっぱり進まなかった。沈むばっかりだ。
 困った。この調子で、元いた場所へ帰れるのかな。元いた場所ってどこだろう。
 海底を歩いていけば、いつか陸にたどり着くだろうか。でも、目印も何もない海底で、どっちへ歩けばいいのか。変な方向へ進んで、迷ったらいやだな。うっかりすると、海溝に落ちてしまうかもしれない。ぶるぶる、それは絶対いやだ。深い深い海溝の闇へ、落ちてしまうなんて。
 どうしたものか思案していると、くすくす、と背後で笑い声がした。
 「おめざめになりまして?」
 若い女性だった。ずっと僕の背後にいたらしい。あの変な平泳ぎを、見てたのかな。なんか、恥ずかしい。
 「ごめんなさいね、笑ってしまって」
 海の色のワンピースを着て、海の色の髪だった。色白で、笑みを浮かべる唇も白くて、光満ちる海に溶けて見えた。黒真珠の瞳だけが、海ではない人間の色だった。
 彼女もまた、浮きもせず苦しみもせず、海底に足をつけてそこに立っていた。海の中だのに、会話に何の支障もない。
 「……あなたは?」
 「私ですか? ……さぁ……私は、誰なんでしょう」彼女は、首をひねりひねり答えた。「なにぶん、自分が誰かなんて、考えたことがないものですから」
 「はぁ」困った人だ。「せめて、名前はないですか」
 「なまえ……ですか」女性は答えた。「すみません、そういったことに興味がなくて」
 「いや、興味の問題じゃなくて」
 否定してみたが、彼女にとっては、ほんとうに興味の有無の問題らしかった。
 しかたない。海の中にいる女性だから、オトヒメと呼ぼう。そう呼ぶにはあまりに頼りなくて、ほっておくと溶けて消えそうな佇まいだけれど、他に思いつかない。
 僕は、彼女が溶ける前に、急いで次の質問を浴びせた。
 「ここは、どこでしょう」
 「それなら、わかります」彼女はにっこりした。「ここは、海が生まれる場所です」
 「……海が」
 「ええ。海が生まれるお手伝いが、私の仕事です。私、そのためにここにいるのです」
 心から仕事が楽しいらしいその笑顔を見ていたら、すべて些細に思われた。矢継ぎ早に続けたかったさまざまな質問を、きれいさっぱり忘れてしまった。
 「海が生まれるところ、ごらんになりたいですか」
 「はぁ」他にすることがない。「ごらんになりたい、です」
 「それはよかった」オトヒメは手を合わせ、なおうれしそうに微笑んだ。「あなたがおめざめになってから始めようか、おめざめになる前にすませてしまおうか、少し迷ったものですから」
 「でも、海って、生まれるものなんですか」
 「そうですよ、ご存じなかったですか」
 「はぁ、恥ずかしながら、初耳です。どういうふうに、生まれるんですか」
 「卵から、生まれるんです」
 僕は首をひねった。冗談を言っているのではないらしい。
 オトヒメは、いつの間にか竹細工の籠をひじからぶら下げていた。
 「さぁ、卵を集めましょう」
 まるで花を摘むように、あるいは四つ葉のクローバーを探すように、オトヒメは下を見ながら、つま先で軽やかに移ろった。あ、とうれしそうな表情を見せてしゃがみ込むと、岩陰から丸いものを拾い上げる。驚いて逃げ出すエビが、小さな土煙を立てた。
 拾い上げたのは白い卵で、ニワトリのそれ見た目は同じだった。
 「……卵が、そこら中に、落ちてるんですか」
 「そうです。手伝っていただけますか」
 「手伝ってといわれても、どこにあるのやら」
 「あなたの足下にも、あるじゃありませんか」
 言われて僕は、下をまじまじと見た。何もなかった。
 「目がお悪いのですね」
 オトヒメは僕のそばに近づいてしゃがみ込み、迷いなく卵を拾い上げた。僕には見えない海色のそれは、彼女が拾うと白い手の色に染まるのだった。
 彼女はあっちへ跳びこっちへ跳ね、次から次に卵を拾い、みるみる籠はいっぱいになっていく。
 僕もしゃがみ込んで、見えない海色卵を探してみた。目隠しされたときみたいに、ぐるぐるとあてもなく手探りしたら、左手の小指に、こつりと何かが当たった。その先に、少しだけまぁるい空間の歪み。卵だ。つかみ上げると、すぐに僕の手の色に変わった。産みたてで、ほんのり温かかった。
 それをオトヒメの籠に入れながら、僕は尋ねた。
 「この卵から、海が生まれるんですか」
 「えぇ、まぁ」
 「じゃあ、やっぱり、あたためて孵すんですか」
 「は?」孵す、という言葉がわからないらしかった。
 彼女の手の中に、いつの間にかステンレス製のボウルがあった。
 彼女は岩に座り込み、籠を傍らに置いた。おもむろに中から卵を一個取り出すと、ボウルの縁にかかっと打ちつけ、ボウルに中身をぱかっと割り入れた。
 「……割るんですか」
 「そうです」
 彼女がぽいっと投げ捨てると、殻はまた海色になって見えなくなった。
 かかっ、ぱかっ、ぽいっ、かかっ、ぱかっ、ぽいっ、目にも止まらぬ速さで、オトヒメは卵を割っていく。いつか見たケーキ屋より、ずっとあざやかなわざだった。
 たちまち籠は、空っぽになった。……と思ったら、いつの間にか、泡立て器が入っていた。彼女はそれを取り出すと、黄身と白身がいっぱいたまったボウルに突っこんで、しゃかしゃかとかき回し始めた。
 「……泡立てるんですか」
 「そうです」
 黄身が砕け、白身と混じり、表面がどんどん泡立っていく。
 そういえばボウルの中には、卵を入れる前から、すでに何か白い液体と粉が入っていたように見えた。牛乳と砂糖と卵で、何のクリームかしらん。
 オトヒメはしばらくしゃかしゃかやっていたが、やがて、眉間にしわを寄せ始めた。
 「これ、疲れるんですよぉ……」オトヒメが言った。「少し、手伝っていただけますか?」
 「はぁ、かまいませんけど」
 僕はボウルを受け取った。オトヒメが立ち上がり、僕は彼女のいたところに座った。
 泡立て器で、しゃかしゃかとかき回してみた。泡がだんだん細かくなり、濃い黄色がだんだん薄くなっていく。
 その間にオトヒメは、僕からちょっと離れた場所の、舞台のように広く平たい岩の上に立って、ふぅ、と息をついた。ん~、と伸びをした。
 すると海面から差し込む太陽の光が、彼女だけをスポットライトのように明るく照らし出した。
 ワンピの裾をちょいと持ち上げて、くるり、と一回転した。
 くるりくるりともう二回転した。
 海色の髪をかき上げると、きらきらと光った。彼女のまとう海色が、いっそう輝いて見えた。彼女はずっと、この海の底にひとりきりでいたのだろうか。なのにあんなに、輝いていられるのだろうか。
 僕はぼうっと見つめながら、でも、手は休めなかった。しゃかしゃかしゃかと、海の卵を泡立て続けた。力を入れると、泡立て器がボウルの縁や底に当たって、きんきんきんと音を立てる。
 しゃかしゃか、きんきん、しゃかしゃかきん。
 「それくらいで、いいかしら」
 我に返ると、オトヒメが僕のそばまで戻ってきていた。
 「ちょっと泡立て器を、持ち上げてもらえます?」
 言われるままに持ち上げると、泡立て器の針金の間から、とろぅりと、クリームが垂れた。表面は角のように突き立って、なかなか元に戻らなかった。よく混ざった証拠だ。
 「それくらい混ぜれば、いいでしょう。おつかれさま」
 とろとろのクリームに満たされたボウルを、オトヒメに返した。
 彼女はボウルを抱えて、先ほど彼女が踊っていた、太陽の光がいっとうよく届く明るい場所に立った。
 すると、海面から、何かが下りてきた。
 それは棒だった。
 長い細長い棒が、海上から突き立てられているのだ。
 棒は揺れていた。あっちへふらふら、こっちへゆらゆらしながら、ゆっくり下りてきた。オトヒメも、ボウルを持ったまま、あっちへふらふら、こっちへゆらゆらと動き回った。
 やがて棒の先端が、ボウルの中に、ちょん、と突き立った。棒は、ボウルの中で、ぐるぅりと一回転すると、引き上げられた。先端から、クリームのしずくを、とろりとろりとこぼして海に溶かしながら、はるか海面へ、遠く点になって、消えていく。
 オトヒメは、満足そうな笑みを浮かべた。
 「これで、終わりです」
 「海が、できたんですか」
 「いいえ、今ので、島ができます」
 「海を作るんじゃなかったんですか。ここは、海が生まれる場所じゃ、なかったんですか」
 「おっしゃるとおりですよ」
 光差す海の底の、オトヒメの笑み。
 「島にならなかった、すべてのしずくが、海になるのです」
 彼女は、ボウルを高く頭の上に差し上げた。
 「さいわい、在れ」
 声が響くと同時に、海面から差す太陽の光が銀色のボウルに反射して、僕の目を射た。とてもまぶしくて、僕は思わず目を閉じた。
 優しい光に包まれたような気がした。

 気がついたら浜辺に寝そべっていた。
 ひとりっきりだった。
 水平線の向こうに、もくもくと煙が立ち昇っていた。海底火山のようだ。
 立ち上がって、波打ち際まで歩いてみた。
 右足、左足、右足、左足。足跡がつく。すぐ波にさらわれる。
 足が動く、とは、いったいどういうことだろう。
 人間として、まだ生きているということなんだろうか。
 僕は生きている。
 僕は生きていて、僕が卵をかき混ぜて作った海がそこにあって、ざざぁ、ざざぁ、と波が寄せては返し、寄せては返していた。


Webanthcircle
サークル名:DA☆RK’n SIGHT(URL
執筆者名:DA☆

一言アピール
現代・SF・ファンタジー脈絡なく書いています。
とてつもなく古い作品ですが、「海」といったら自分ではこれなので、文字数オーバーはご勘弁。これでもだいぶ削りました。
以前はこういうファンタジーが多めだったんですが、最近はなぜかバクチものを多く書いてます。どうしてこうなった。

Webanthimp

この作品の感想で一番多いのはどぼん!です!
この作品を読んでどう感じたか押してね♡ 海だぁー!って思ったら「どぼん!」でお願いします!
  • どぼん! 
  • ほっこり 
  • しみじみ 
  • ロマンチック 
  • ほのぼの 
  • しんみり… 
  • かわゆい! 
  • 胸熱! 
  • ゾクゾク 
  • 怖い… 
  • ごちそうさまでした 
  • 楽しい☆ 
  • 笑った 
  • 感動! 
  • 泣ける 
  • 切ない 
  • うきうき♡ 
  • ドキドキ 
  • キュン♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です