ノーマル・ライフ

 ピカピカの大学一年生、宮澤美郷みやざわみさとにはささやかな野望がある。
 それは「ごく普通の学生生活」。ちょっと痛々しいが、彼当人は大真面目だ。適度な勉強とアルバイトに、サークル活動。彼女もできれば申し分ない。野望に掲げるのは結局、今までが「普通」と無縁だったということで、女子と楽しくお喋りした記憶も大してない。よって――
「宮澤君って、なんか可愛いよね。小動物みたい」
 と明るい笑顔を見せられると、ついどぎまぎしてしまう。俯いて伸び過ぎた前髪を触りながら、美郷は己の耐性のなさに溜息を吐いた。
 海辺の強風に、屈託なく笑う彼女の帽子が揺れる。
「そ、そうかな……」
 極力顔は上げず、美郷はへらりと笑った。
 辺りには轟々と風が唸り、海鳴りが響きわたっていた。
 抜けるような快晴の下、太平洋の荒波が岩壁に砕け、横殴りの風が美郷の綿シャツの裾をはためかせる。遠く天地を分ける水平線は鮮やかに、深淵の色をした海からは白波が押し寄せていた。
「先に行くね」
 断崖絶壁の上をたなびく青草の向こうに、彼女の背中が遠のいていく。
 意識しても無駄だ。美郷と知り合った時、既に彼女の視線の先は他の男がいた。美郷とは真逆の相手だ。
(それに……いや。関わらない、近寄らない……)
 遠く光る淡色のポロシャツに、不意に黒く翳が揺れる。雲一つない夏空の下、辺りに影を落とすものはない。
 美郷は無言で目を細めた。

「この詩碑を集合場所に三時間ほど自由行動だ。遅刻した奴は置いて帰る! 解散!」
 和歌の舞台として有名な景勝地に「史跡研究同好会」の部長・池谷の太い号令が響く。男女合わせて七名の部員たちは、三々五々にいらえを返して歩き始めた。
 といって、行く先など多くはない。傍らの小さな記念館か、崖下にある洞窟か。男子四人が崖下を目指す後ろで、美郷は一人記念館へと足を向けた。この手の資料館が好きなのと、崖に近寄りたくないからだ。
(あの洞窟、蛭子えびす神社があるんだよなぁ。やっぱ止めた方が――でも何か起きると決まったワケじゃないし、池谷がいるなら……やっぱり、疑われてたし)
 足を止めて悩む美郷を、ふいに副部長の相葉が振り返った。隣の池谷に何か告げる。美郷を見遣った池谷が、心底呆れたような、つまらない顔をした。
『なんだ、またあのビビりか』
 口の動きがそう言った。それを宥めた様子の相葉が向かって来る。目が合った。美郷は逃げるように、慌てて資料館へと足を向ける。
 記念館に飛び込んで、ほっと息を吐いた。美郷は「ビビり」を笑い飛ばす池谷よりも、相葉の方が苦手だ。
「――ねえ、恵子。宮澤君となに話してたの?」
 気分を切り替え、展示品をじっくり見ていた美郷の耳に、突然己の名が飛び込んできた。展示品を連ねた曲がり角の奥から、先を歩いていた女子三人の話し声が響く。
「何って、別に……」
 美郷を可愛いと言った彼女、比阪恵子ひさかけいこが困惑した声を上げた。
「告白された?」
 きゃっきゃと他の二人が囃す。美郷はその場に凍り付いた。
「違うって。宮澤君が『危険予知』してたから、ちょっと」
「えー、またかぁ……じゃあ崖の方ヤバくない?」
「でも宮澤君って、絶対恵子のこと好きだよねー。いっつも見てるし」
「けどあんまり顔見て話さないしね。めっちゃ意識してるって」
 居たたまれない話題に、思わず顔を覆う。
「恵子的には宮澤君、あり?」
 もう勘弁してください。心の底から願った。
「あっ、ううん……私は――」
 躊躇いがちの返答は、予想済みのものだ。それが嬉しいはずもない。項垂れる美郷のポケットから、無慈悲に携帯の着信音が鳴り響いた。

 池谷が見当たらない。相葉からの報せに美郷は唇を噛む。着信音で立ち聞きがばれたが、それどころではない。たまらず美郷は記念館を飛び出した。視界の端に、一際蒼褪めた恵子が映る。ただのサークル仲間を案じる表情ではない。
 危険予知の正体は、いわゆる霊感だ。その血筋に生まれた美郷は幼い頃から呪術を習い、周囲とは別世界に生きてきた。家のゴタゴタに巻き込まれて酷い目に遭い、大学進学を機に普通に生きると決めた今でも「視える」のは変わらない。
 そのことから目を逸らし続けて、ようやっと三か月が経つ。
(あの池谷が捕まるなんて。馬鹿なこと気にせずに止めてれば……サークルは辞めればいいんだし)
 史跡同好会の行き先には、妙に怪異がつきまとう。美郷はそれを察知するたび、霊感は伏せて警告を出してきた。結果、何とか大事は避けつつも、池谷に付けられたあだ名がビビリ君だ。
 崖下へと遊歩道を駆け下りながら池谷の気配を探る。途中、脇道を見つけた美郷は立入禁止の柵を越え、強風に煽られながら足元の悪い道を進んだ。転べば海まで真っ逆さまな崖の半ば、転落防止柵は古びて心許ない。正気ならば間違っても足を向けない場所だ。
「池谷!」
 大きくせり出す岩を回った向こうに、覚束ない足取りの背中が見えた。その両足に、黒いモノがいくつも巻き付いている。人の手にも、長い髪にも、海藻にも見える何かだ。
 強烈な磯の臭いが鼻をつく。美郷はひとつ呼吸を整えた。
「神火清明、神水清明、神風清明、急々如律令!」
 人差指と中指を立てた刀印で、黒い触手を切り払う。ソレが驚いたように退くのと、池谷が足を滑らせるのはほぼ同時だった。
「池谷!!」
 美郷は慌てて走り寄る。遊歩道を踏み外した池谷が正気に戻り、滑落寸前で雑草を掴んだ。しかし、触手は再び腕を伸ばしている。今の美郷に、ソレを祓う力はない。
「宮澤!? ――俺は何を」
 混乱している池谷を引き上げようと、美郷は池谷の手首を掴む。
「上がって!」
 腰を落として美郷は池谷を引っ張るが、池谷が這い上がって来る気配はない。
「くそっ、足が……」
 黒い触手に巻き取られて動かないのだ。
 どうしたものか迷って、美郷は意を決した。
「お前、今悪霊に引っ張られてる! 黒い触手が絡みついて、海に引きずり込もうとしてるんだっ」
 悪霊だの、今更口にしたくない。特にこの男の前では。ぎちり、と池谷の握力が増す。怒気が膨れ上がり、放散された。たじろぐように黒い触手が散る。
「馬鹿らしい……! そんなモノは! 存在、せん!!」
 自由を取り戻し、一気に崖を這い上がった池谷が、嫌悪を露わに美郷を振り払う。バランスを崩した美郷は尻餅をついた。
 池谷はオカルトが大嫌いだ。そして霊感が全くない。更には、多少の霊障は弾き返してしまう天然バリア人間でもあった。他の部員が勘ぐる美郷の「危険予知」を、池谷だけが「ビビリ」の一言で切り捨てる理由はこれだ。
「帰るぞ!」
 何事もなかったように池谷が去って行くのを、美郷は座り込んだまま見送った。相変わらず、気持ちが良いほどの全否定である。
「元気だなぁ」
 ひとつ苦笑いをこぼして、美郷はよっこらせと立ち上がった。

 一人で道を引き返す美郷の前に、小柄な影が現れた。
「比阪さん」
 驚く美郷にばつの悪げな笑みを返し、恵子が俯く。
「ごめん、『呼んじゃった』みたい。海はやっぱ怖いね」
「――自覚、あったんだ」
 ぽろりと本音を零してしまい、美郷は慌てて口を覆う。恵子が帽子の下で苦笑を深めた。
 引き寄せ体質とでも言うのか。恵子は池谷とは逆で、頻繁に視えないモノを呼び込む。因縁のある史跡もだが、海――特に漂着物の多い場所はまずいモノが出やすい。
「うん。私は視えないんだけど……宮澤君は、視えてるよね?」
 今更否定する意味もない。素直に頷けば、やっぱりと恵子が呟いた。
「私ね、宮澤君と池谷君のこと、利用してた。サークルに誘われた時、池谷君が『弾く』人なんだって気付いて。彼と一緒なら、色んな場所に行けるかもって。それから宮澤君が入って――」
 ここなら、私も普通に旅行できるかもって。蒼穹を見上げる恵子の言葉が、風に攫われてゆく。時代と場所次第では神女として崇められただろう。だがその体質は、彼女の行動範囲を酷く制限する。
 眩しそうに海を見遣り、無理に作った明るい声で恵子が続けた。
「でも、やっぱ駄目だよね! 宮澤君にも凄い気を遣わせて、池谷君もとうとう巻き込んじゃって」
「対処法とか、知ってる人は?」
 美郷の問いに恵子が首を振る。周囲に理解者がいなかったのなら、相当苦しい思いもしただろう。「普通」という単語が、なおさら重く響いた。
 その点、美郷は違った。知識と対処法と、訓練。持って生まれた力を制御し役立てるための術を、叩き込まれて育った。
(おれ、なにやってるんだろ……)
 今更思う。望んで、選んだ「普通」だ。だがお望み通りの「凡人」となった美郷では、恵子に何もしてやれない。
「大丈夫、変に出歩かなければ迷惑もかけないから」
 寂しそうに微笑んで、恵子が踵を返す。一瞬迷い、美郷は意を決してその背中に呼びかけた。
「待って! ええと……すぐには無理なんだけど、その――」
 こりごりだ、と思って捨てた世界だ。再び手を伸ばすのは怖い。
 だが、何かを捨てて「普通」になった自分は、無力だった。
「おれが、何とかする」
 振り返った恵子を真っ直ぐ見つめ、決意を持って言い切る。
「比阪さんが海でも山でも自由に行けるように、方法を考えるから」
 退路は断った。
 恵子が目を丸くする。半信半疑の表情に、美郷は強く頷いた。一瞬間を置いて、くすっと恵子が笑う。
「ごめん、訂正するね。宮澤君、かっこいい」
(あっ、これ本気にされてないな)
 一気に脱力して、美郷は苦笑いを返す。くるりと向けられた背中が続けた。
「――ありがと。待ってるから」
 言葉だけ置いて小走りに消える背中を、美郷は目を細めて見送った。

 美郷はサークルを辞めた。
 鈍った勘や落ちた力を取り戻し、解決策となる術を探し出す。部活や恋活に割く時間はない。たった三か月の「普通の学生生活」を思い返し、美郷は笑った。

 宮澤美郷の『普通』は、この能力と共にある。


Webanthcircle
サークル名:N.T.P.(URL
執筆者名:歌峰由子

一言アピール
オカルト系現代FTを中心に、恋愛要素の薄い話を多く書いてます。テキレボ委託本はこのお話の主人公、美郷(みさと)の社会人ライフですので、美郷に興味を持ってくださった方は是非そちらもよろしくお願いします!

Webanthimp

この作品の感想で一番多いのは胸熱!です!
この作品を読んでどう感じたか押してね♡ 海だぁー!って思ったら「どぼん!」でお願いします!
  • 胸熱! 
  • どぼん! 
  • ほのぼの 
  • しんみり… 
  • うきうき♡ 
  • 切ない 
  • 泣ける 
  • ゾクゾク 
  • ごちそうさまでした 
  • ロマンチック 
  • 怖い… 
  • キュン♡ 
  • かわゆい! 
  • 楽しい☆ 
  • ほっこり 
  • 笑った 
  • 感動! 
  • ドキドキ 
  • しみじみ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です