タグ ‘うずらやの小金目創庫’

星間

SF

「ジョー、アレックス。二人とも居るか」  空気が圧縮される音と共にハッチが開き、赤毛の男が顔を出した。片手は壁 […]


恋し風が吹いた日に

恋愛

 十月の始めだというのに今夜はやけに肌寒く、とてもじゃないが家まで気力が持ちそうもなかったので、立ち寄る先を探 […]


里帰り

SF

 玄関のチャイムが鳴ると同時に、膝の上に寝そべっていた灰色の生き物が、ぴくりと体を揺らした。暫くの間の後、高い […]


溝になく花

歴史

「俺はよぉ、初めてお前さんを見た時、“これが化猫遊女か!”って思ったんだ」 「何をいきなり言いしゃんすか……」 […]