タグ ‘オカワダアキナ’

飴と海鳴り

純文学

 その夏、湯田郡司ゆだぐんじを悩ませていたのは海鳴りの音だった。どおお、どおおという遠雷のような唸りがまとわり […]