タグ ‘孤伏澤つたゐ’

青い幻燈(2)

歴史

一瞬に魂を燃やす、若者たちの青春 19世紀パリ、ラテン区。画家と詩人が同居する古いアパルトマンに、ひとりの少女 […]


掘削日和

詩集エッセイ

駿河湾を試験掘削する地球深部掘削船「ちきゅう」に乗船した日記  今回は平凡な微生物研究者が、「ちきゅう」に乗船 […]


輝く瞳に夜の色

ファンタジー

その夜、竜は恋をした。 竜を召喚する女と、召喚される竜をめぐる情念。 第70回~84回フリーワンライ作品集短編 […]


猫の王

ファンタジー

 猫の往来ばかりしかない、その狭い空間を、ぼくは王国と呼んでいた。  握りつぶされた発泡酒の空き缶が転がり、食 […]