タグ ‘清森夏子’

喫水線

現代

「海洋(浅め)」をテーマにした短篇2篇を収録。 「海面のクラゲ」 (渦保)  宇宙のどこかにあるという水の星。 […]


ぎょくおん(2)

現代

共依存めいた関係にあった姉から逃げるように東京を離れ、 さびれた温泉街の旅館で住み込みの仕事を始めた男・郡司。 […]


舌足る廻転の下降調

純文学

遠藤ヒツジ、最新ゼロ年代ポストロック的悪夢小説。  10年前、大学一年生の冬に書いた小説の骨子を転用して、まっ […]