タグ ‘蒸奇都市倶楽部’

消えるも深めるも

ミステリ

「エンニチに行ってみない?」  親友の絵梨えりが口にする聞きなれない単語に僕は首を傾げる。 「社会学の実地調査 […]


契情騙記

歴史

 布団を脱ぬけ、障子をそっと開ければ、客待ちの車力しゃりきの談笑が聞こえてくる。向かいの〇まる鉢はち屋の軒下に […]


言伝は時計にのせて

SF

    どうして口下手に生まれついたのだろうか   機械が相手でなくてももっと雄弁でありたいものだ   口下手 […]


手向けの花は路地裏に

ミステリ

〈蒸気都市〉帝都は世界随一の規模を誇る大都会だ。 街は科学の恩恵に支えられ、人の暮らしには蒸気機関が欠かせない […]