第5回Text-Revolutions アフターレポート

Text-Revolutions準備会代表取乱役 御拗小太郎です。

第5回Text-Revolutionsに参加して頂いたサークルの皆様、お疲れ様でした。
楽しんで頂けたでしょうか。
楽しんで頂ければそれが一番です。

 また、自サークルがありながらスタッフやテキレボメンバーズ、設営、撤収にご協力頂いた皆様、
この場を借りて改めて御礼申し上げます。
おかげさまで今回も運営することができました。
本当にありがとうございました。
 
 次回、第6回Text-Revolutionsは10/28に同じく東京都立産業貿易センター台東館にて開催致します。
既に次回に向けて準備始めておりますが、まずは今回の振り返りを備忘録的に記載します。

第5回Text-Revolutions(以下テキレボ5)開催結果報告

 参加サークル数:193サークル(前回185サークル)

  ・直参サークル(合計):148サークル(150ブース)(前回142サークル、150ブース)
   ├ 直参(通常):137サークル(139ブース)
   └ 直参(ミニ):11サークル(11プース)
  ・委託サークル:45サークル(97タイトル)(前回43サークル、98タイトル))

 一般来場者数:167名(前回232名)

委託頒布・お買い物代行サービスについて

 委託頒布結果
  ・総頒布数:371冊
  ・無料頒布数:34冊(内代行34冊)
  ・有料頒布数:337冊(内代行119冊)

 お買い物代行サービス
  ・申込者数:67名
  ・利用者数:62名(残り5名は申込のみで依頼無し)
  ・総代行頒布数:5062冊
  ・無料頒布数:4312冊(内委託34冊)
  ・有料頒布数:750冊(内委託119冊)

過去実績(参考)

 委託頒布結果(第4回)
  ・総頒布数:328冊
  ・無料頒布数:16冊
  ・有料頒布数:312冊(内代行103冊)

 お買い物代行サービス(第4回)
  ・申込者数:62名
  ・利用者数:53名(残り9名は申込のみで依頼無し)
  ・総代行頒布数:3946冊
  ・無料頒布数:3297冊
  ・有料頒布数:649冊(内委託103冊)

 委託頒布結果(第3回)
  ・総頒布数:361冊
  ・無料頒布数:46冊
  ・有料頒布数:315冊(内代行128冊)

 お買い物代行サービス(第3回)
  ・申込者数:48名
  ・利用者数:37名
  ・総代行頒布数:2062冊
  ・無料頒布数:1602冊
  ・有料頒布数:460冊

  

当日企画

 舞台
  ・朗読「最後の王国」
  ・翻訳コンニャク・ワークショップ

 企画/展示
  ・第4回 300字SSポストカードラリー
  ・テキレボ5当日企画まとめ
  ・分岐小説持ち込み企画
  ・二次創作ノベルMAP
  ・スクエニプチオンリー
  ・疑似家族ナビ
  ・作品紹介アシスタント
  ・キャラクターカタログ企画
  ・鳥散歩
  ・長編上等
  ・伯父/叔父コレクション
  ・宇宙遊泳MAP

 カフェ
  ・カフェ双六堂

 その他、本部販売物
  ・お買い物チケット:50本
  ・アンソロ:12冊
  ・れぼんトートバッグ:19個
 

参加アンケート結果

※自由記入欄は特定を避けるため、多少表現を変更しております。

1.参加種別をお願いいたします。委託参加+代行利用の方は「委託参加」を選択ください。(37 件の回答)

 直接参加:59.5%(22件)
 直接参加(ミニ):5.4%(2件)
 委託参加:21.6%(8件)
 一般参加:10.8%(4件)
 お買い物代行サービスのみ利用:2.7%(1件)

2.今回の参加は何回目ですか。(37 件の回答)

 初参加:18.9%(7件)
 二回目:21.6%(8件)
 三回目:16.2%(6件)
 四回目:16.2%(6件)
 五回目:27.0%(10件)

3.初参加の方に質問です。テキレボを何でしりましたか。(15 件の回答)

 Twitter:53.3%(8件)
 ちらし:0%(0件)
 口コミ(知り合いからの誘い等):33.3%(5件)
 その他:13.3%(2件)

4.初参加の方に質問です。良かったところを教えて下さい。(7 件の回答)

個別回答については省略します。

5.初参加の方に質問です。悪かったところを教えて下さい。(7 件の回答)

個別回答については省略します。

6.二回目以降の方に質問です。前回までと比べて良くなったところを教えて下さい。(18 件の回答)

個別回答については省略します。

7.二回目以降の方に質問です。前回までと比べて悪くなったところを教えて下さい。(19 件の回答)

個別回答については省略します。

4~7について

 初参加、複数回参加問わず「大人の文化祭」を標榜しているテキレボのお祭り感がよかったという回答がありました。
 また、良かったところ、悪かったところ双方に売り上げが上がっていました。
 初参加、複数回参加で別れた意見としては、初参加では他のイベントに比べやることが多いという回答が多く、
 複数回参加からは前回まで指摘されていたことが改善されたという回答が目立ちました。
 具体的には、

  ・代行に関連する期間が短かった。
  ・館内マイク、BGMの音量が大きかった。
  ・企画の本部位置が分かりにくい。

 といった部分が改善されたという意見が多くありました。
 他、支払確定後、すぐにWebカタログが使用できるようになったこと、大まかなスケジュールが掲載されたことで
 予定が立てやすくなった等々、全体的によくなったと回答があった一方、変更があった代行対象作品の収集方法や
 依然として少ないスタッフで回しているため手が回らないことや一般参加者が少ない(or少なくなっている)ことへの
 不満も見受けられました。
 また、すべてにおいて劣化したという厳しい回答もありました。
 これは運営サイドとしての努力が足りなかったと考え、次回以降の課題とします。
 一般参加者の数については前回は同日開催のイベントに引っ張られて増えたということが
 改めて認識させられましたが、前々回と比較すれば増加傾向とは言えると思います。
 個人的にはスタッフさんの誘導や案内がより丁寧になっていたという回答が一番うれしかったです。

8.今回のテキレボに参加して楽しかったですか。(37 件の回答)

 楽しかった:83.8%(31件)
 微妙だった:8.1%(3件)
 つまらなかった:8.1%(3件)

9.上記回答の理由があればお願いします。(38 件の回答)

個別回答については省略します。

 楽しかった理由についてはおおむね以下の通り

  ・売り上げが良かった
  ・企画が充実しており、お祭り感が出ていた
  ・企画や打ち上げを通して多くの人と交流を深めることができた
  ・委託参加だが代行、アンソロのおかげで参加したという一体感が大きかった

 微妙だった、つまらなかった理由についてはおおむね以下の通り

  ・交流は楽しかったから
  ・撤収時のグダグダ感や全体的な内輪感
  ・一般参加者が少なかったから

 この辺りは4~7の評価がそのまま反映されている感じでした。
 撤収時のグダグダ感については当日も少し説明したのですが、展示台の移動に使うエレベーターが共用になっており、
 イベント終了後、撤収作業が想定より早く完了したためエレベーターの使用時間まで間が空き、結果グダグダになってしまいました。

10.今回以上に楽しくなるには何が必要だと思いますか。(36 件の回答)

 一般参加者が増える:72.2%(26件)
 参加サークルが増える:2.8%(1件)
 頒布が多くなる:8.3%(3件)
 企画が増える:8.3%(3件)
 自ジャンルが増える:1.1%(1件)
 その他:8.3%(3件)

 問8の楽しかった人も微妙、つまらなかった人も大多数が「一般参加者を増やす」で共通していました。
 結構チラシをまいているのですが、問3の回答からも効果は薄そうです。
 ※現状、他に有効そうな手段がわからないのでこのまま継続します。

 単純にサークル参加数に比例して一般参加者も増える傾向があるので、参加サークル数を増やすのも
 一つの答えだと考えています。
 また、単純に「一般参加者を増やす」ではダメで、「(創作文芸を買いに来た)一般参加者を増やす」にはどうするか
 考えないといけませんが、これは運営側、サークル参加側双方で築き上げていくことなのかもしれません。
 仮に、大手サークルが参加したとして、その人だけ目当ての一般参加者が何千人来場しても他サークルにとっては
 デメリットしかないですよね。
 そうならないためには現在中心となっている創作文芸というジャンルのファンを作っていくしかなく、
 それは運営、サークル問わず創作文芸というジャンルにいる側の命題かなと思います。

11.現時点で次回も参加したいと思いますか。(37 件の回答)

 参加する:78.4%(29件)
 日程が合えば参加する:8.1%(3件)
 わからない:0%(0件)
 参加を見送る:13.5%(5件)

12.企画に参加しましたか。(37 件の回答)

 参加した:56.8%(21件)
 参加していない:43.2%(16件)

13.アンソロに参加しましたか。 (37 件の回答)

 参加した:59.5%(22件)
 参加していない:40.5%(15件)

14.アンソロに参加しなかったかたは、理由を教えてください。 (15 件の回答)
 募集期間が短い:6.7%(1件)
 テーマがあわなかった:6.7%(1件)
 アンソロに興味が無かった:33.3%(5件)
 その他:53.3%(8件)

個別回答は省略します。
他の作品の執筆や参加がギリギリになり間に合わなかった等が主な理由のようです。

15.どのような宣伝に取り組みましたか。(35 件の回答、複数回答)

 Twitterによるツイート(定期・不定期問わず):88.6%(31件)
 HPによる新刊情報掲載:54.3%(19件)
 参加企画の宣伝のみ:5.7%(2件)
 アンソロの宣伝のみ:2.9%(1件)
 特に何もしていない:5.7%(2件)
 その他:8.6%(3件)

16.テキレボに期待する事はなんですか。

個別の回答は省略します。

 主にテキレボの良いところ(問9回答)はそのままに、今後も継続してほしいという意見がほとんどでした。
 他にはおおむね以下の通り。

  ・日曜開催にしてほしい
  ・スタッフ不足を解消し、各業務に専任のスタッフを置きより円滑な運営体制を構築してほしい
  ・島配置のバックヤード面積の拡充
  ・一般参加が増えるような取り組み
  ・委託の強化
  ・アンケートをもっと早く展開してほしい
  ・当日企画が分かりにくいので会場内での企画の内容がわかるような仕組みの整備
 
 アンケートについてはすいません。
 後日作業等の優先作業や仕事が忙しく遅くなりました。
 今回の回収率からも次回はなるべく早く出せるようにします。

その他、個人的感想

 前回のアフターレポートでも触れましたが、今回は代行の募集期間を長くとるため申込を完全先着、
 支払い確定後、即、Webカタログをオープンとする方式としました。
 その甲斐もあってか、上記の通り代行の利用者および冊数も伸びました。
 Webアンソロの更新期間を長めにとり、1日あたりの公開本数を少なめにしたことも良かったのかもしれません。

 会場内では企画主催の本部となるサークルの場所がわかるように釣り物を用意しました。
 皆さん、気合が入っておりかなりいい感じに仕上がっていました。
 他の人のレポートでも色々取り上げられておりましたが、どの評価も好印象となっており、
 今回一番良い取り組みと評価されたものではないでしょうか。

 今回も舞台での朗読やワークショップを開催しました。
 今回の朗読は聴衆参加型となっており、当初は参加者がいなかったらどうしようかと一抹の不安がありましたが、
 蓋を開けてみれば結構な参加者がいました。
 私も参加しようとスタンバっておりましたが、ちょうどそのタイミングで本部に呼ばれてしまったのが少し残念でしたが
 安心して離れることができました。

 翻訳コンニャク・ワークショップのほうは参加することができました。
 以前から本を売る方法一つとして翻訳に興味があり、実際に翻訳する場合にどのように翻訳されるのか?
 気になっていたのですが、英語と日本語の表現の違いや実際に翻訳された雪国を例に色々勉強になりました。
 英語は苦手だったのですが、中学時代に出会えればもう少し英語が得意になったんじゃないかと思います。
 ひじりあやさんのアンソロジー作品をワークショップの業平心さんが英語に翻訳されていました。
 こういうコラボレーションがあったのも嬉しく思います。

 前回は同日開催のイベントから人が結構流れていましたが、今回はあまり流れてきませんでした。
 ただ、全体的には上向き傾向にあり、代行システムの認知度が上がった結果、代行利用者および取り扱い冊数は
 無料、有料ともに最高を更新しました。
 しかし、代行システム自体の負担は大きく準備会としては今後の利用拡大および代行自体の継続には
 サークル参加者の協力は不可欠と考えます。
 ※当然ですが、業務効率をあげ、互いに負担が少ない方法を模索することを大前提としております。

 テキレボは代行、委託、StrayCat(感想投稿サイト)およびねこなび(感想本)、会場内に関してはサークルが
 主体となって舞台や企画と参加していただく皆さんの作品の魅力を伝えられるような環境を用意しておりますが、
 負担状況等を鑑み、整理が必要かもしれません。

 他、業務的な部分について、今回から無線を導入し本部、別フロアの代行作業室、私が所持し運用したのですが、
 とても便利でしたので今後も継続したいと思いました。
 ※地下から会場に無線が届いたのには感動しました。

 今回、1点だけ明確に失敗したと認識したことがありました。
 気が付いた方もいらっしゃるかと思いますが、終了45分程前にお買い物チケットの換金や片付けについてアナウンスしたところ、
 目に見えて撤収が早まりました。
 次回はもう少しアナウンスのタイミングや内容について配慮したいと思います。

 懇親会では福岡で一次創作の「Ade」、とうらぶオンリーの「快刀乱舞」というイベントの主催である瀬戸さんに
 プレゼンターとしてイベントの紹介をしていただいたり、じゃんけん大会の司会進行をお手伝いいただきました。
 いつも私一人でしたので、(目のやり場に大変困りましたが(笑))華があってとてもよかったです。

 そして今回も打ち上げ。
 今回も85名前後の方に参加いただきました。
 全体的に一通り回り、どうすれば楽しいと思うのか聞いたり、どういう思いでテキレボを開催しているのか等話したり、
 3時間あったのですが、とても足りませんでしたが、充実した時間を過ごすことができました。
 若干、うざい部分があったり、不快な思いをした人がいればこの場を借りてお詫びします。

 最後に、テキレボは皆さんの作品の魅力をどうすれば伝えることができるのかを考えて運営しています。
 できる/できない、やる/やらないはありますが、思い付きだけでも良いので何かあればぜひ相談してください。
 みんなでどんどん盛り上げ、みんなの作品の魅力を発信していきましょう。
 
 第5回Text-Revolutionsに参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。
 次回も会えることを楽しみにしています。

 御拗小太郎

以上