タグ ‘ザネリ’

インド水塔

現代

 朝七時三十分の光は斜めから射し、影は青みを帯びている。橋の上の小石の粒、砂粒ひとつひとつにも影がある。ごく小 […]


サーモとカティ

現代

 生前、伯父は庭に缶詰を埋めておいたという。庭といってもマンションの共用庭だ。防災グッズのつもりだったのよと伯 […]


イビサの泡パーティー

純文学

 腋の下にはちいさないぼがあり、茶色くくすんで木の実に見えた。 「だから、きれいに剃っても意味ないの」  叔母 […]


飛ぶ蟹

純文学

 サワガニにかんしては騙された。海から十分ほど歩いた山のうえに父の別荘があり、海水浴のあとは水着のまま坂をのぼ […]


ぎょくおん(2)

現代

共依存めいた関係にあった姉から逃げるように東京を離れ、 さびれた温泉街の旅館で住み込みの仕事を始めた男・郡司。 […]


講和条約と踊らない叔父さん

純文学

 叔父さんのガールフレンド、ゆみこさんがかつての相棒と講和条約を結ぶという場に同席することになった。三年前に絶 […]


ぎょくおん

現代

共依存めいた関係にあった姉から逃げるように東京を離れ、さびれた温泉街の旅館で住み込みの仕事を始めた男・郡司。 […]


飴と海鳴り

純文学

 その夏、湯田郡司ゆだぐんじを悩ませていたのは海鳴りの音だった。どおお、どおおという遠雷のような唸りがまとわり […]


検索

テキストビュー設定