タグ ‘ヨモツヘグイニナ’

ひとり島

現代

 カンカンカンと、くもりのある高い音が響いてきた。おや、と、首をかしげながら軒をのぞくと、今年六十五になる父親 […]


マッコウクジラ

ファンタジー

 人間、といういきものを知っているか? あの賢しく傲慢で悪食の、二本脚のいきもの。  まあ、こんな浅いところに […]


ゆめのむすめ

純文学

   男  さらさらと髪を撫でる音で目をさました。ああ、また眠っていたのだ。――――後悔と羞恥におそわれて寝た […]


喫水線

現代

「海洋(浅め)」をテーマにした短篇2篇を収録。 「海面のクラゲ」 (渦保)  宇宙のどこかにあるという水の星。 […]


猫の王

ファンタジー

 猫の往来ばかりしかない、その狭い空間を、ぼくは王国と呼んでいた。  握りつぶされた発泡酒の空き缶が転がり、食 […]