【SF】時をかける俺以外

なにそのSFすこしふしぎ

文庫判(A6)/208ページ
鳴草庵
雲鳴遊乃実

¥ 1,000 税込

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「星のように綺麗には、僕らは時を刻めない」

親友を失ったトラウマから逃れようと自殺に惹かれる少年、陸田登臣。

思い通りにいかないことに歯痒い思いを抱いていたある日、未来人を名乗る男と遭遇する。

男は言った。陸田のもう一人の友人、朝来灯香が時をかける能力を駆使し、自殺を何度もなかったことにしている、と。