【SF】幸運な子供たち【恋愛】

なにそのSFサイエンスフィクション

文庫判(A6)/300ページ
博物館リュボーフィ
まるた曜子
サンプルリンク

¥ 1,000 税込

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

侵食され曝露され弄られて
わたしの中には《彼ら》の欠片が
混ざったまま

墜落事故でたったひとり生き残った『奇蹟の少女』ルォシー。
瀕死の彼女を救ったのは《オートクチュール》と呼ばれる
高級医療機器だった。
その内部から繋がる電脳世界で出逢う、
オートクチュールの子供たち《EH(ウー)》。
彼女の治療者たち。
安寧を求めて無電脳島に住まう人びと。
何を見て、何を感じて、拒絶して受け入れていくのか。
彼女の数奇な半生を辿る、漂う医療SF。

2018.07.16に開催されたText-Revolutionsの
テーマアンソロ「海」に投稿した
『幸運な子供たち』のロングバージョンです。
大幅改稿となりますが、
シュートバージョンの試し読みもできます
  →カクヨム『幸運な子供たち』
  →pixiv
(こちらに加筆修正したものに、続きを追加しています)