喫茶店アンソロジー「a cup of…」

arasuji

4作品収録のアンソロジーです。(掲載作品紹介)
味わい深いマスターとのひととき  西紀貫之@nishikinovel【苦いなあ~】
真夜中のコーヒースタンドに訪れた客とは……? ムスカ【真夜中を指す前に】
今日も僕は、朝の隙間に小説を書く  みすてー@mistic【コーヒーは変わらない】
あなたの選択で物語が巡る  姫野由香@miikoproinfo【喫茶店の冒険】
(文学フリマWebカタログより転載)

 


kansou

喫茶店をテーマとした4作品のアンソロジー

【苦いなあ~】西紀貫之さん
狭い店で、マスターとのじゃれあいのような掛け合い。
好きだけれど苦いコーヒー。わざわざ飲みに来るのは、好きだから、そして

寂しいような、苦いような、けれど微笑んでしまうような。
後味の優しい物語。

【真夜中を指す前に】ムスカさん
深夜営業の喫茶店。トラブル続き果て、深夜に差し掛かるその頃に。

急転直下の展開に、数ページ戻って読んで戻って読んで。
面白かったwww

【コーヒーは変わらない】みすてーさん
朝の一時をコーヒーと共に過ごす。
切っ掛けで過ごし方は変わっていき。

少しだけ寂しいような、でもとてもよくわかる。
成長とも違うけれど。
いいな、と素直に思った。

【喫茶店の冒険】姫野由香さん
まず、バナナでした。
懐かしのゲームブック。辿る先の結末はほっとしたモノから、「えぇえ!?」まで。
巡ったのも含め、全ルート思わずやってしまいました。
巡る方が楽しいなぁ(笑)

最後のページに書かれた「ある事」を考えながら、見返すのも楽しいです。
あんなこと、かな?

美味しいコーヒーとモロッコ・ミント・ティーとバナナケーキ、
堪能させて頂きました。

data

発行:MisticBlue
判型:A5 36P
頒布価格:300円
サイトMisticBlue
レビュワー:森村直也


検索

テキストビュー設定