arasuji

謎の靴屋【小指姫】の店主、ウォン・琅と、ライバル靴メーカーの用心棒、常盤尚吾。
消えた女性デザイナーと靴を巡る謎。
同じ数奇な運命を背負う二人が出会った時、世界は動き出す──
(Text-Revolutions3 Webカタログより転載)

kansou
美しいヒールを履く男、ウォン狼は特別な能力を持っている。主人公の尚吾は家族を守るために、秘密の力をめぐる財閥の陰謀に巻き込まれ……
冒頭部分の謎の靴屋の場面で一気に引き込まれる。ウォン狼の美しく毅然とした姿に、尚吾も読者も一気に堕ちる。靴フェチじゃなくても、ヒールのエロスに目覚めます。
危機が迫った時に誰を信じるか、ってウォン狼を信じるしかないでしょう!この角川ミステリ的な安定感!!
後半の謎解きは急ぎ足だったものの、これは続刊に期待!!まだまだ、「島」の秘密は隠されたまま。次のイベントでゲットするのを楽しみにしてます。
(きっとこれは、番外編でR18が出たりするんですよね?ね?
靴屋エッチという新ジャンルに期待しております!!

data

発行:愛的財産
判型:文庫(A6) 112P
頒布価格:500円
サイトゆみみゆ/Pixiv
レビュワー:宇野寧湖