サボテンの子どもたち

arasuji

【新刊】寺島家の三きょうだいを中心に繰り広げられる、何気ない日常を綴った4編の短編連作集です。

必勝の条件
 わたしはものをよく落とす――そそっかしい大学一年生の高橋晶は、ひょんなことから一年前の出来事を思い出す。

サボテンの子どもたち
 寺島家にはサボテンが多い。母の趣味だ。大輔は、母がサボテンにはまったきっかけを知らない。

銀杏夜話
 彼氏にフラれてやけ酒をした夜、寺島静香は神社で不思議な現象に遭遇する。

一夜限りの境界線
 恋人とディナーを楽しんでいた寺島有香は、遠くへ転勤することになったと恋人に打ち明けられて……。

(第6回Text-Revolutions Webカタログより転載)


kansou

『サボテンの子どもたち』 は、寺島家の三きょうだいを中心に展開する、四編からなる連作短編集です。
身近でささやかな、出会いと別れの悲喜交々。
一見ありふれているようでも、誰もがそれぞれの人生の主役なのだと思い出させてくれます。
人と人との小さな出会いや別れが少しずつ連なっていまがあり、未来へと繋がっていくことがそれとなく示され、広く奥深く、滋味深い読後感を味わうことができました。
地味でとげとげしていて、けれどもどこかかわいらしいサボテンは、見事にこの物語を象徴しています。

永坂さんは非常に多彩な作品を書かれる作家さんですが、光か闇かでたとえるなら、もちろん「闇の永坂さん」では全然ないけれど、「光の~」というほど大仰ではない、木漏れ日のようにほのかなぬくもりを持った作品集です。
すでに永坂さんの作品がお好きな方にはもちろん、初めての方にもぜひお手に取っていただきたい作品集です。
できればほかのご本と一緒に、その作風の多彩さを堪能してみてください!
きらめく美しい装丁も見どころです。

data

発行:夢想叙事
判型:A5 78P
頒布価格:800円
サイト:夢想叙事
レビュワー:泡野瑤子


検索

テキストビュー設定