左頬にできた吹き出物は、つぶれ方が悪かったのか、かさぶたを経てシミになってしまった。
 鏡で確認すると、小指の先ほどの皮膚が茶色く変色している。
 ある日、ふと触れたらするりと滑らかな感触がした。首を傾げつつ、もう一度指先でなぞる。少し硬くて、つるつるしている。
 またかさぶたになったのだろうかと鏡を見たけれど、普通のシミだった。触って確かめても普通の皮膚だ。
 そのときは気のせいかなと思った。しかし、それが何度も起こった。
 鏡で見てもシミなのに、無意識に触れたときだけ、硬くて滑らかな……何だろう? 周囲の皮膚より少し盛り上がっている。感触は爪に似ている。でもこれはきっと鱗だ。
 私の鱗。
 そう考えると愛着が湧いてきた。
 鱗になる頻度はだんだん高くなっている。魚かトカゲか、私は何になるのだろう。


Webanthcircle
サークル名:オレンジ宇宙工場(URL
執筆者名:葉原あきよ

一言アピール
超短編を書いたり、豆本を作ったりしています。このくらいのサイズの話が多いです。


Webanthimp

この作品の感想で一番多いのはimagine!です!
この作品を読んでどう感じたか押してね♡ 想像した!思ったら「imagine!」でお願いします!
  • imagine! 
  • ゾクゾク 
  • 怖い… 
  • かわゆい! 
  • ロマンチック 
  • 楽しい☆ 
  • しんみり… 
  • 胸熱! 
  • しみじみ 
  • キュン♡ 
  • うきうき♡ 
  • ドキドキ 
  • ほのぼの 
  • 切ない 
  • 泣ける 
  • ほっこり 
  • 笑った 
  • 感動! 
  • ごちそうさまでした