汀にて

 海の中は普段とはまったくちがう様相で渦巻いていた。
 物心付く前から海で泳いでいた辰三たつみだが、荒れ狂う海に飲まれたことはない。
 もがいても、いったいどこに海面があるのかさえ分からない。海水で目がしみて、すぐに息が苦しくなった。
 このままでは溺れ死んでしまう。
 辰三は十になった。死、というものは理解している。暮らしぶりはさほど豊かではなく、腹が減っていることも多かったが、それでも死ぬ方がましだと思ったことはなかった。
 海で死ぬと人魚に生まれ変わるという。だけど、こんな暗くて苦しい場所で生きていくなんて嫌だ。明るい太陽の下に戻りたい。
 苦しい。息ができないことがこれほど苦しくて恐ろしいなんて、思いもしなかった。誰か助けて。誰でもいい。すぐに、すぐに、いますぐに。海の上に、息が吸えるところに連れて行って。
 辰三は何もない海中に手を伸ばし、海面を求めて腕を振り回した。
 うしろから抱きかかえられたのは、その時だった。

    ●

 目の前に広がるのは、陸に挟まれた内海だ。両側の陸地には峻険な山が連なっていて、海を渡る風は穏やかなことが多く、滅多に荒れない。今日もたくさんの舟が漁に出ていた。
 辰三は、そんな舟から隠れるように岩場の陰にいた。打ち寄せる波が爪先を洗う。
「またここで怠けてる」
 軽やかな声と笑顔が、波間から現れた。
美汐みしおを待ってたんだ」
「いつもそう言って、怠けているじゃない」
 波間から現れた彼女は、辰三の足元近くの岩に両腕を乗せた。揺れる水面の下に、いるかのような体が見える。
 美汐は人魚だ。五年前、高波に飲まれた辰三を助けてくれたのが彼女だった。
 それ以来、人に興味があるという美汐と、こうして会っている。
「ほら。怠けてるから、あの子が呼びに来た」
 美汐が岩に両腕をついて、遠くを見るため体を持ち上げる。美汐の視線を追いかけると、岩場から続く浜に、見知った人影を見つけた。
「またね」
「もう帰るのか」
「あの子、わたしを嫌っているでしょう」
 美汐は浜を一瞥して、
「じゃあね」
 今度は引き留める間もなく、海の中へ消えてしまった。今日こそ、言おうと思っていたのに。
「辰三、またこんなところで!」
 名残惜しさは甲高い怒声で吹き飛んだ。岩場の高いところから辰三を見下ろす亜夜あやの表情には辟易する。
「もうすぐ父さんたちが漁から帰ってくるのに」
「ちょっと休んでただけだ。そんなに怒るなよ」
 立ち上がると、亜夜の溜息が降ってきた。
「また、あの人魚に会ってたんでしょう」
 見ると、亜夜は怖い顔をしている。
「海に引きずり込まれるよ」
「五年前に俺を助けてくれた人だ。そんなことをするわけない」
「人魚の考えてることなんてわからないよ。父さんや母さんも心配してる――わたしも。だから、もう、会わないでよ」
 亜夜の表情も声も、急に弱々しい。目をつり上げて辰三を呼びに来るくせに、すぐにこんな顔をする。辰三が、美汐を見送る時のような顔を。
 だから、いつも美汐に言い出せないのだ。

    ●

 五年前、辰三が家族と共に高波にさらわれた時、誰もが諦めた。けれど、辰三だけが岩場で、ほとんど無傷で見つかった。
 この海には人魚がいる。人魚の影を見たという話は時折聞く。けれど、人間を助けたという話は、辰三の他に聞いたことがない。
 家族を亡くした辰三は、亜夜の両親が引き取った。
 父親同士の仲が良く、もとから辰三とは兄妹のようなものだった。同じ家で暮らすようになってもそれは変わらなかったけれど、最近は、少し違う。
 辰三も亜夜も十五になった。村の中には、この歳で夫婦になっている者もいる。亜夜は辰三とそうなるのだろうし、両親もそれが辰三にとって一番いいと思っている。
 辰三と夫婦になりたがる娘は、亜夜の他にはいない。仕事を怠けて岩場に潜むような男は、娘たちの眼中にないのだ。
 辰三は、すぐに岩場へ行ってしまう。命を助けてもらった代わりに、辰三は人魚に心を奪われたのだ。今日も、姿が見えないから探したら案の定だった。
 人魚は辰三の命を助けたが、住む世界さえ違う異形の生き物だ。
 亜夜の姿を見ると人魚はすぐに海中へ消えてしまうから、間近で見たことはない。けれど、山で猟をする亜夜は目がいい。長い真っ黒な髪で、亜夜たちより年上の、美しい顔をした女だと知っている。
 あの美しい人魚は、いつかきっと、辰三を海の中へ連れて行ってしまう。辰三に興味がないのに、何年も、岩場にやってくるはずがない。

 濃い灰色の雲が垂れ込めていた。雨はないが風はいつもより強く、海は荒れ始めていた。嵐が近づいていて、漁師たちはそれに備え忙しそうにしていた。
 その中に辰三の姿が見当たらない。
 それに気づいた亜夜は、家に置いていた弓矢を取りに行ってから、岩場へ向かった。
 岩に寄せる波はいつもより大きく、音を立てて白く砕けている。嵐はまだ遠いようだけど、あんな状況の岩場にいるのは、どう考えても危険だ。海辺で育った辰三がそれをわかっていないはずがない。
 けれど、やはり、辰三は岩場にいた。波にもまれながら、岩にしがみついてまで。
 あれでは、いつまたさらわれるかわからない。
 辰三を呼ぼうとして、砕ける波の間に、真っ黒な頭を見つけた。辰三に向かって何か言っているようだけど、波と風で、亜夜にはよく聞こえない。
 亜夜は矢をつがえ、弓を構えた。
 こんな天気なのに、辰三があそこへ行ってしまうのは、あの人魚のせいだ。辰三の心を海の中へ引きずり込んで、次はその体まで引きずり込もうとしている。
 波間から顔を覗かせた人魚が、亜夜を見た。髪と同じくらい真っ黒で大きな目と、亜夜の目が合う。
 人魚の女は、食い入るように亜夜を見ていた。弓矢を持っているからだろうか。それにしては、あまり驚いていないようにも見える。
 そんなふうに見つめて辰三を虜にしたのか。
 白い胸元に狙いを付けて、亜夜は矢を放った。

    ●

 昼間は海面に近づいてはいけない、と何度も繰り返し教えられる。人間は危険なのだから、と。
 魚や貝を採るのは人魚も同じだ。違うのは下半身の作りと、生きる場所くらい。
 他に何が違うのだろう。美汐は昔から興味があった。危険といわれる理由も、美汐にはよくわからない。人間は人魚を採らないし、海の中に攻めいってくることもない。
 人間が海の中に来たとしても、人魚にはかなわない。
 昔、何人かの人間が高波にさらわれ、海に落ちた。美汐が助けられたのはそのうち一人の子供だけで、後は皆、沈んでしまった。
 それほど海に弱い人間の何が危険なのだろう。
 助けた子供のその後が気になり、岩場から観察していたら、その子――辰三と再会した。
 辰三と話をしていくうち、人間もまた、人魚をよい存在と思っていないことを知った。
 人魚と人間の間の交流はほとんどないから、仕方がないのかもしれない。
「でも、わたしたちがきっかけとなって交流が生まれるかも」
 岩に乗せた両腕に顎を乗せ、美汐は辰三を見上げた。美汐の両手で簡単に抱えられた子供は、いつの間にか、ずいぶんと大きくなっていた。
「俺は、美汐と話せればいいよ」
 辰三は乗り気ではない。最近、特にそうだ。
 昔は美汐と話すのを純粋に楽しみに待っていたのに、今は違う。妙に真剣で温度の高い目で、美汐を見るのだ。
 人間が人魚を慕うなど考えもしなかった、とは思わない。人魚と人間の違いは些細なものだ。お互いを恐れているけれど、話をすれば、恐れることはないとわかる。
 だから、あの子も、話をすれば、きっと美汐が怖い存在ではないとわかってくれる。
 辰三を呼びに来る、彼の幼なじみの亜夜。長い髪を頭の後ろできつく一つに結んで、二本の足で砂浜に跡を付けながら、岩場に向かってくる。つり上がった目は辰三と、岩陰にいる美汐を見ている。
 亜夜が美汐をどう思っているのか、あの目を見ればわかる。だけどあの目が、辰三では決して望むべくもないあの目が、辰三のような目に変わったならば――。
 美汐と話せればいい、という辰三の気持ちが今ならわかる。亜夜と話したい。亜夜の声を、波の音にかき消されない距離で聞きたい。
 だから、時間をかけて、美汐は怖くない存在だとわかってもらうしかない。
「じゃあ、またね」
 亜夜の姿が見えた。本当はもっと見ていたいけど、亜夜が嫌がるのは知っている。
「美汐。俺を――」
 なのに、辰三はいつも引き留めようとする。
「辰三!」
 でもおかげで、亜夜の声が聞こえた。美汐は辰三に軽く手を振り海へ戻る。辰三が何を言おうとしたのか、今度聞けばいいだろう。

 けれどその前に、嵐の気配がやって来た。久しぶりに大きな嵐となりそうだ。
 まさかこんな時に、辰三は来ていないだろう。見に行ったのは念のためだった。
「辰三、何をしているの! すぐ陸へ戻って」
 波が打ち付ける岩に、辰三はへばりついていた。
「俺は人魚になりたい。人魚になれば、美汐とずっと一緒にいられる。五年前、そうしていればよかった」
「ばかなこと言わないで。あの子が――亜夜が、ほら」
 こんな天気でも、亜夜がこの岩場に向かってくる。しかし手には、いつもにはない物を持っていた。
 あれは何だろう。それに、何故か亜夜も、辰三のように思い詰めた目をしている。
 遠いけれど、亜夜と目が合った。いつもはすぐにそらしてしまうのに、今はまっすぐに美汐を見ている。
 あの亜夜が、美汐から目をそらさずに。
 わかってくれたのか。それとも、話をしてくれる気になったのか。
 歓喜が滲んだ瞬間、胸元に重い衝撃を感じた。
 押し寄せる波が、美汐を海に引き戻す。
 何が起きたのかよく分からない。胸に細い棒が生え、そのせいでひどく痛くて、血が流れ出ていた。
 辰三が、もがきながら美汐に手を伸ばすが、荒々しい海流に阻まれた。
 彼はきっと知らないだろう。
 海で死んだ人間は、確かに、人魚に生まれ変わる。そして――。
 流れるそばから海に溶けていく血が、泡に変わっていく。
 海で死んだ人魚は泡となるのだ。
 それを教えようにも辰三の姿はどこにもなく、呟きも泡となった。


Webanthcircle
サークル名:夢想叙事(URL
執筆者名:永坂暖日

一言アピール
ファンタジーとか現代ものとかSFとか、色々と書いています。雰囲気も色々。頒布物は短編集がメインですが、異世界お墓参りファンタジー長編もあります。『汀にて』の雰囲気が気に入った方にお勧めの短編集は、テキレボ初頒布となる『永坂残酷物語』です。

Webanthimp

この作品の感想で一番多いのはしんみり…です!
この作品を読んでどう感じたか押してね♡ 海だぁー!って思ったら「どぼん!」でお願いします!
  • しんみり… 
  • 切ない 
  • 怖い… 
  • ごちそうさまでした 
  • かわゆい! 
  • 胸熱! 
  • どぼん! 
  • ゾクゾク 
  • ロマンチック 
  • キュン♡ 
  • 楽しい☆ 
  • ほのぼの 
  • ほっこり 
  • 笑った 
  • 感動! 
  • 泣ける 
  • うきうき♡ 
  • ドキドキ 
  • しみじみ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください