ミス・アンダーソンの安穏なる日々(2)

魔法をもつ魔族ともたぬ人間が闘争を繰り広げる世界。

由緒正しい騎士執事の血統である魔族の少年・アーティは
いきなり一人前になった途端、ある使命を言い渡される。
それは人類最強の女傭兵、アンナ=L・アンダーソンの抹殺だった。

《血だまりを逍遥する淑女》《死の雨を呼ぶ碧眼》
《戦場に靡く黒髪》《魔族殺しのアンダーソン》――

数々の物騒な二つ名を所持する彼女相手に
アーティはどう立ち向かうのか?

あんまり殺伐としないおねショタファンタジー、ここに開幕!
(サークルサイトより転載)

※過去の感想はこちら
 ミス・アンダーソンの安穏なる日々 

sanka

 一家に一台、アーティが欲しい!

「ミス・アンダーソンの安寧なる日々」を読むと、誰もがきっとそう思うでしょう。かくいう私もその一人。
 場所は、魔族と人間の世界が共に存在し、対立する世界。
 騎士執事見習いだった魔族の少年・アーティと、人間界最強の傭兵・アンダーソン。
 羊のようなかわいらしく実直なアーティが、事もあろうにアンダーソンの暗殺を命ぜられるところからお話が始まります。
 
 何よりもまず、アーティが可愛いに尽きる!
 暗殺するはずの相手にご飯を作り、掃除をし、(強制的に)抱き枕にまでされてしまう、そんな健気なアーティのかわいらしさが、軽快な語り口で語られていきます。ご飯シーンの美味しそう率は異常。微笑ましい上におなかが空いてくる、恐ろしい小説です。
 そんなアーティを翻弄する美女、アンダーソン。その見た目と実力とは裏腹に、片付けや料理がダメダメで、アーティの作るごはんを美味しそうに(そして、大食漢なので恐ろしい量を平らげる)食べる彼女は、最強設定でありながら、親しみのあるキャラクターになっています。
 そして時折触れられる、魔界と人間界との関係や、魔法の原理などの世界観設定は必要な時、必要な分だけ語られます。お話の邪魔をしておらず、ファンタジーに疎い私は、ただただ作者さんの力量に感服する他ありませんでした。

。物語の後半は、場所を首都ロバスト・ルーツに移ります。大規模なお祭り「瞬夜祭」に潜む、大きな闇に立ち向かうミス・アンダーソンとアーティ。臨場感あふれるアクションや、派手でかっこいい攻撃魔法のシーン、そして熱い展開と、続きを読むのがとても楽しみでした。

 全体を通して、緩急を付けられた展開や、丁寧な心情描写、魅力的なキャラクターたちが織り成す、素敵な長編ファンタジーでした。作者の世津路さんは、女の子同士のしっとりとした作品や、浪速の商店街の子供たちを主役にした人情もの、あるいは「報酬系」と呼ばれるダークなものまで、様々なタイプの作品を書ける、マルチな作者さんです。他の作品も常におすすめ!

「では、頑張ってわたくしを殺してくださいまし」

 これにアーティがどう応えるのかは、読んでからのお楽しみです。


発行:こんぽた。
判型:A5 186P 
頒布価格:600円
サイト:こんぽた。
レビュワー:服部匠


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

検索

テキストビュー設定