小さな祝祭

記念日も
変わりない朝を連れてくる。
南東向きの部屋、
こぼれる朝日に
まだ起きていない頭が
今日をはじめる。

ささやかなお祝いをしよう。
好きなものを食べて
お気に入りの場所へ行って
深々と新しい空気を吸う。
地続きの明日、明後日、その先もまだ
歩いていくため
小さな祭りをところどころに置いている。

たいまつの代わりに
星を眺める。
わたしの明日は
そこで輝いてますか。
街路灯が光る中の祈り、
つながっていることを信じて
今日一日の
瞳を閉ざす。


Webanthcircle
サークル名:パレオパラドキシア(URL
執筆者名:海老名絢

一言アピール
詩と海外文学評論のサークルです。今回は詩の海老名のみ委託参加致します。テキレボはTwitterで見て楽しそうだな、と思っていたので一歩踏み出してみました。お祭りは非日常のイメージが強いけれど、わたしは日常の感覚を詩に書きたいと思っているので、静かな詩になったかなと思います。あなたに響く言葉でありますように。

Webanthimp

この作品の感想で一番多いのはしみじみです!
この作品を読んでどう感じたか押してね♡ 海だぁー!って思ったら「どぼん!」でお願いします!
  • しみじみ 
  • しんみり… 
  • 切ない 
  • ロマンチック 
  • かわゆい! 
  • 胸熱! 
  • どぼん! 
  • ゾクゾク 
  • 怖い… 
  • ごちそうさまでした 
  • 楽しい☆ 
  • ほのぼの 
  • ほっこり 
  • 笑った 
  • 感動! 
  • 泣ける 
  • うきうき♡ 
  • ドキドキ 
  • キュン♡ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください