銀のタマゴ(新装版)(2)

arasuji
評判の美女ばかり召し上げてはたった一晩で送り返してくる竜の噂…。
調査を依頼された山師ローツが出会う怪しげな少女と美女の秘密とは…?
「Ms.Dragon」など、ドラゴンに纏わるファンタジー短編を3編収録。
テキレボWEBカタログより転載)

※この作品の過去の投稿
 銀のタマゴ(1)

kansou
“ドラゴン”がキーワードになっているファンタジー短編集。娘を要求するがすぐ帰してしまうドラゴンの謎を追う『Ms.Dragon』、同胞殺しの竜種・ウォルフとひょんなことから彼に同行することになった少年・クリードの『Volf the Dragonbane』、主人公の“ぼく”が竜の卵を拾うことから始まる表題作『銀のタマゴ』。前二編は中世ヨーロッパ風、残りは……読んでのお楽しみ、な骨太ぞろいの短編集で、ずっぷり“竜のいる世界”を堪能させて頂きました!

 特に『Volf the Dragonbane』がだいすきです…竜の血をひきながら同族を殺す旅をする異相の巨漢ウォルフと、裏の社会で通用する腕を身につけるため彼に着いて行こうとするクリード。物語にはウォルフに認められるためクリードがある娼館での任務に着く、その一部始終が収められています。彼の奮闘ぶりが克明に描写されていてリアリティがあり、機智と勇猛さを以て任務に臨むクリードがともかくかっこいいです。ウォルフの活躍は冒頭とクライマックスのみですが、竜種の設定に違わぬ無双ぶり。

 この奇妙なコンビが成立したところで終わってしまうので、もっと読みたい! これは長編作品のepisode0にあたる物語だそうで、本編は…今のところ執筆未定だとか。もったいない! 仁先生、仁先生早く書いて!!

data
発行:BLEMEN
判型:文庫(A6) 116P
頒布価格:400円
サイト:BLEMEN
レビュワー:世津路 章


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください