フォーチューン・フラワーのメッセージ

『テンジクアオイ』が、ゼラニウムという花の和名だとはやとが知ったのは、中学二年のとき。
 当時の文通相手の名が「てんじく あおい」だったのがきっかけだ。
 名前の漢字もやりとりの内容も、今となってはよく覚えてはいない。
 ただ。

「花と同じ名前でキモいといじめられています」

 走り書きの末尾が、若干にじんでいたのが印象的で。
 三十四歳になった今でも、時折隼の脳裏に浮かぶのだった。

:::

 冬の土曜日午後、昼食を終えた隼は暇を持て余していた。
 十八時から、趣味仲間との飲み会がある。地方に散らばる仲間が集まるのは珍しい。
 隼の趣味は、オリジナル小説を書くこと。集まる仲間はジャンルは違えど、皆小説書き。隼は同人誌頒布のオフライン活動が主だが、オンラインノベル、二次創作、中には、商業デビュー済みのプロもいる、多種多様な集まりだ。
 SNSのタイムラインを眺めていると、仲間の名古屋観光の様子が流れてきた。それを見た隼は、今日、彼らと顔を合わせることができるのか、不安になる。
 今、春のイベントに向けた新刊を構想中だが、プロットすらできあがっていない。
 もやもやとした感情を払拭するために、重いため息をつく。
 仲間と出会ったのは十代の頃、頒布数や閲覧数が一桁の同士が繋がり、今の関係に到った。
 月日は流れ、人気オンラインノベル作家、二次創作の壁サークル、商業デビューと、華々しい舞台に立つ仲間が増えてきた。隼はいつまでたっても、ただのアマチュアのまま。だが、交流が好きで、縁だけは保ってきた。仲間の作品の話をするのも、応援も、隼にとっては大切なことだ。
 しかし。心のどこかで、手が遅く、目を引くアイディアが浮かばない自分と周りを比べてしまう。
 再度、ため息をつきそうになったそのとき。RTで流れてきた、とある投稿が目に止まった。

『TLの皆……この魔法菓子のお店……ささやかで不思議な魔法が体験できます……私はここで……春の原稿のプロットが三本も浮かびました……おいしいのに良心的な値段でお財布にも安心です……』

「三本だって?」
 驚いた隼は投稿を二度見する。調べれば店は存外近くにあった。
 少しでも前に進みたい。せめて、仲間と会う前に。
 隼は、飲み会の時間までそこで過ごそうと決めた。
 

 魔法菓子。自然に存在する魔力含有食材を使う、不思議で見目麗しい現象「魔法効果」を楽しむ嗜好品である。取扱は首都圏の有名百貨店やホテルが多く、地方都市である愛知県彩遊市ではなかなか見かけない代物だ。
 件の『魔法菓子店 ピロート』は、住宅街の中にあった。木目と青のパステルカラーが印象的なこぢんまりとした店構えは、普通のケーキ屋にしか見えない。
 店内に足を踏み入れれば、お菓子屋特有の甘い香りが鼻をくすぐる。
 ショートケーキ、ロールケーキ、チョコケーキといったラインナップは、一見すると普通のケーキとなんら変わらない。が、プライスカードには「星座が現れます」「声が変わります」「顔にメークが施されます」と魔法効果が書かれている。
 気さくな雰囲気の男性店員に喫茶の利用だと告げると、限定メニューがあると言われたので、それを注文した。
 席で待つ間、バッグから小説用のノートと、万年筆を出す。少しでも考えようと思ったが、まっさらなノートの上には、やはりというべきか、一ミリもペン先が走らない。
 なにもない。つらい。楽しくない。
 流行りのネタは興味がない。定期更新できるような勤勉さも、ましてや版権作品に入れ込む情熱もない。文章力や構成力はもとより、驚くような知識も。
 仲間に置いて行かれるような感覚が怖い。成果を出せない自分が情けない。
 いっそ、書くのを辞めようか。
『書けない』
 焦りをただ一言に込めて書き殴る。すると、お待たせいたしました、と声がした。
「フォーチューン・フラワーとホットコーヒーでございます」
 隼は慌てて机の上の私物を横に避ける。
「恐れ入ります」
 柔らかく低い声音は、先ほどの男性店員とは違う。改めて声の主を見やると、コック服に帽子をかぶったパティシエだった。
 一瞬、女性と思うような整った顔の優男だ。
 皿とマグカップを丁寧な所作で置くパティシエは、穏やかな笑みを浮かべる。女性向けジャンルで活動する仲間が黄色い声を上げそうだ、と心中だけで感想を紡ぐ
「お客さま、魔法菓子の説明はいかがいたしますか?」
「いえ、せっかくなので説明は聞かずに試してみたいです」
 隼は食べ物も物語も、なるべくネタバレは避けたい性分だ。
 すると彼に、期待と楽しげな表情が浮かぶのが見えた。イベント会場で新刊の話をする書き手に似ているそれに、勝手に親近感を抱いていると「ごゆっくりお過ごしください」と言い、彼は離れていった。
 皿の上には、全体がクレープ生地で包まれ、頂点に淡いピンク色のクリームが絞られた丸いケーキ、シャーベット、小さな焼き菓子が乗っている。
 フォークをケーキに近付けると、クレープ生地がふわり、ふわり、外側に開いた。
 バラの花が開花する早回し動画のようで、隼の口から思わず「おお」と声が出る。
 クレープの花の中から、イチゴで飾られた白いドーム状のムースが姿を現す。早速食べてみようとフォークを差し入れた瞬間、綺麗な赤と紫のグラデーションに色付いた。
 驚きながらも、口に運ぶ。バラのような花の香りがするクリーミーなムースの中には、甘酸っぱいフランボワーズのジャム。
 フランボワーズの酸味に、花の香りは良く合う。
 一番下には焼きプリンのような柔らかく濃厚なタルトで、ムースとの相性は最高だ。
 上のイチゴと共に食べれば、フレッシュ感がさらに甘さを引き立ててくれる。
 夢中で食べ続け、気づけばあと一口だけになっていた。
 惜しみつつも食べ終え、皿を見ると、ぼんやりとなにかが浮かび上がってくるのが見えた。

『貴方が楽しいと思うことを、信じて』

 楽しいという言葉に、隼は思わず息を飲む。
 顔を上げれば偶然にもパティシエの姿が見えた。これがなんなのか知りたくて、声をかける。彼はいやな顔をせずに説明をしてくれた。
「フォーチューン・フラワーは、食べ終わるとお皿におみくじメッセージがランダムに現れるようになっています」
「花みたいにクレープが開いたり、ムースの色が変わったり、面白かったです。もちろん、味も最高で。花の香りがしつこくないのが驚きです」
 感想を伝えると、彼はありがとうございます、と照れくさそうに答えた。
 花の香りも訊ねると、バラに似た香りの魔法ローズゼラニウムだという。色の変わる魔力はこれのおかげらしい。飲み物セットで九百円ならお得だろう。
「日々の暮らしの中、疲れたときや落ち込んでいるときに、少し元気になれる、ささやかな魔法菓子を目指しています。自分もお客さまも楽しいものを」
 まだまだ模索中です、と謙遜するように付け加える。一軒の店を構えるプロでも模索中なのかと感心していると、ドアチャイムが鳴る。パティシエは接客のために、隼に一礼をして場を離れた。
 一人になった隼は、再度皿を見る。
 自分の楽しいことは、なんだろう。
 同時に、ケーキの甘さが蘇る。不思議で面白いひととき。最後の一口が惜しいと心から思った、あの瞬間のわびしさ。
 これを物語の中で描けたら。どんな世界観で、どんなキャラクターに、どんなドラマを味わってもらおうか。
 胸が期待で膨らみ――はっとした。
 隼は、脳内にある物語の、最初の読者になるのが好きだ。
 たとえ、周りとやりかたが違っても辞めることはない。辞められない。
 隼の手は自然と、傍らに置いたままのノートと万年筆に伸びていた。

 会計を済ませるためにレジに向かうと、先ほどのパティシエがいた。代金を差し出した後、レジ操作をする彼のコック服に刺繍された文字が気になった。

『AOI TENJIKU』

 あおい、てんじく。テンジク、アオイ。ゼラニウムの和名だ。
「ありがとうございました、またお越しくださいませ」
 おつりを受け取る際、彼はまさに花が咲くような、と形容したくなる笑みを浮かべた。
 同性だが惹かれる表情。どこまでも凪いだ空のようなそれは、気持ちを癒やし、穏やかにしてくれる。
「また、来ます」
 次はもっと、筆が進むかも。そう思いながら店を出た。

 
 集合場所に向かう電車で、隼は思い出した。
 パティシエと同じ名前の、あの文通相手は今、元気でいるだろうか。
 受験を理由に文通の取りやめをしたので短い付き合いだった。優しく、生真面目で生きづらそうな相手だった気がする。
 勝手な願いだが、幸せだといい。
 自分の心が満たされていると、不思議と他人の幸せを願いたくなる。
 仲間の商業デビューも、オンラインノベルの成功も、壁サークルの完売も。全てを心から祝福できるだろう、と思った。

:::

 ノートに万年筆、青色のインク。少し癖のある文字。
 あの筆跡、見覚えがある。
『魔法菓子店 ピロート』シェフパティシエの天竺蒼衣てんじくあおいは、喫茶の後片付けをしながら、先ほどの男性客を思い出していた。
 質の良さそうなノートと万年筆を目の前に、難しい顔だった。「書けない」という殴り書きは、悩みの発露に思えた。
 蒼衣には、魔法菓子を食べたお客の感情が伝わってくるという、不思議な能力がある。彼が穏やかな気持ちで店を出たことは伝わってきたので、胸を撫で下ろす。
「思い出した」
 いじめに遭った中学二年、学校や家族以外の誰かに話を聞いてほしくて、雑誌の文通コーナーに手紙を出したことがあったのだ。誠実なやり取りは、当時の心の支えになってくれた。
「恩返し、できてるといいなあ」
 本人かどうかは神のみぞ知る。だが、本人でなくともいい。
 おいしいお菓子で、自分もみんなも幸せにしたい。
 それが天竺蒼衣という魔法菓子職人の願いであり、楽しさであり、幸せである。


Webanthcircle
サークル名:またまたご冗談を!(URL
執筆者名:服部匠

一言アピール
少し不思議・美味しいお菓子とご飯・センシティブな気持ちとドラマを描く現代ローファンタジー小説中心。今回のアンソロ作品は優男パティシエが主役のヒューマンドラマ現代FT「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」番外編。ちょっとリアルなケーキ屋事情と「人生のつまづき」を癒す不思議な魔法菓子をどうぞご堪能下さいませ。

Webanthimp

この作品の感想で一番多いのはほっこりです!
この作品を読んでどう感じたか押してね♡ 花きれいって思ったら「満開!」でお願いします!
  • ほっこり 
  • ごちそうさまでした 
  • しんみり… 
  • 満開! 
  • ほのぼの 
  • 胸熱! 
  • かわゆい! 
  • ゾクゾク 
  • 怖い… 
  • ロマンチック 
  • キュン♡ 
  • 楽しい☆ 
  • 笑った 
  • 感動! 
  • 泣ける 
  • 切ない 
  • うきうき♡ 
  • ドキドキ 
  • しみじみ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

検索

テキストビュー設定