灰白色の大地。
 
「なあ、ここはどこなんだ」
 わからない。でも、夢の中だと思う。
「夢? それはどうして」
 俺の寝入りは早いんだ。スマホのアラームをセットして、頭から布団をかぶる。すぐに眠れるから、こんな見知らぬ場所に行く暇もない。
「苦しいそうな寝方をするんだな」
 子どもの頃からそうしてきたんだ。今更変えられない。
「子ども……そうか、君は大人なのか」
 まだ未成年だけど、少なくとも君よりは大人みたいだ。
「どうしてわたしが子どもだとわかる?」
 背丈が低いから。
「そんなことで? 心外だ。小さい大人だっているだろう」
 大人なのか。
「いや、ちがう」
 なら問題ないじゃないか。
「結果的にそうかもしれないが、過程が気に入らない」
 面倒な子どもだな。理屈っぽい。
「それも偏見だぞ。頭が空っぽな大人だっているはずだ」
 もう続けなくていいだろ。大人じゃないってわかったんだから。
「決めつけられるのは嫌だ」
 わかった、わかった。泣くな。
「泣いてない」
 顔真っ赤だぞ。
「……」
 座ろうか。
「椅子がない」
 地面でいいだろ。なんか白いけど、気にするな。お、あれは地球かな。とするとここは月なのかな。
「来たことあるの?」
 初めてだよ。
「なんで慣れてるの」
 そうかな? まあ、所詮、夢だし。
「なんか、ひらりとしてる。やっぱり大人だ」
 どういう意味?
「大人は私の質問にまともに答えない」
 ああ、君はあれだな。質問攻めをして困らせるタイプだな。
「いけないことかな」
 いけなくはない。子ど……いや、若いときは俺もそうだったよ。
「どうして変わったの」
 こんなこと聞いて何になる、って怒られて、何も言い返せなかった。というか、確かにって思って、妥協した感じかな。これ以上聞いても意味ないなって。
「嫌じゃなかったのか。無理やり黙らされたみたいじゃないか」
 それは、当時は感じたかもしれない。でももういいんだよ。時間も経ったし。今ではうやむやにするのが当たり前になった。
「それが妥協」
 そう。
「妥協しないと生きられない?」
 そうだね。とてもじゃないけど、勘違いや不条理でいっぱいの世の中を生きていくのに、妥協なしじゃつらすぎる。
「知らなかった」
 少しずつ知っていけばいいよ、こんなこと。
「さっき言ったことは訂正する」
 何?
「君は他の大人とは違うんだな」
 どうして。
「わたしの話を聞いてくれる」
 君の周りの人は、もっとそっけない?
「ママもパパも聞いている暇がないらしい」
 それじゃ、寂しかっただろう。
「いや、そんなに重くは考えてない。一人も悪くないかなって思ってる」
 なんだ、お前も妥協してるじゃないか。
「え、本当に? それじゃわたしも大人?」
 そこまでは言ってない。大人になりたいの?
「ならなくちゃいかない。ママもパパもそれを望んでいる」
 忙しいママとパパが?
「わたしに構っていられないのなら、構われなくてもいいようにしっかりしたい」
 なんか、悲しいな。
「悲しくない。一方的に決めつけるな。さっきも言っただろ。一人も悪くないんだよ」
 泣くなよ。
「なんだと」
 顔が赤い。
「……体質だよ」
 普通のときは、真っ白なのにな。
「綺麗?」
 不健康。
「……ひねくれてる」
 そうかもしれない。
(にゃー)
「あ、猫だ!」
 もっさりしてるなあ。
「おりゃー」
(にゃー)
「わしゃわしゃ、簡単に捕まえられた」
 人に慣れているんだな。
「君も撫でるか」
 わしゃわしゃ。なんでここに猫がいるんだろうな。
「君の猫?」
 飼ってないよ。
「じゃ、多分夢を見てるんだよ。君の夢とわたしのと、この猫のが合わさってるんだ」
 そんなことあるかね。首輪とかないの。
「ない」
 手がかりないな。
「あるいは想像上の産物かもしれない」
 それは、お前にも言える。
「君にもだよ」
 怖いな。やめようか、この話。
「うん」
(にゃ?)
 話が途切れたな。
「なんの話をしてたんだっけ」
 忘れた。
「わたしも」
 広い大地と光る星々。大きな月。
「見上げてるわたしと猫を抱く君」
 夢だな。
「静かな夢だ」
 嫌か?
「どうせ夢なら派手な方がいい。突拍子も無い変な感じが好き」
 夢は記憶を素材にして作られるんだぞ。
「なっ、この殺風景はわたしのせいだというのか?」
 そうかもな。
「……しかしこれは、君の夢でもあるんだろ」
 まあな。
「殺風景な生活か」
 ……そうだな。
「そのうえすぐに人を小馬鹿にする嫌な奴」
 おい。
「目も死んでる」
(にゃー)
「だよな」
(にゃ)
 まあ、そうだな。
「ひらりとするのか」
 大人だからな。
「違う、君はそうしない人だった」
 それは、ここだけだよ。普段はひらりひらりだ。
「嫌だな」
 なに。
「ひらりとする君は嫌い」
 好かれたいとは思ってないよ。
「君のことはどうでもいい。わたしが嫌なんだ」
 どうした、急にエゴイズム丸出しで。
「言いたいことは言っておきたかったんだよ」
 よくわからない子どもだな。
「あ、また子ども扱いしたな」
(にゃー)
 空が白んできたな。
「夜が明けるのか」
 というか、夢が終わるんじゃないか。
「なんだよ、わたしは起きたくないぞ」
 仕方ない。目覚めなかったらその方が怖い。
「結局最後まで子ども扱いか」
 事実は事実だからな。
「大人になったら、会えないかな」
 さあ、この世にいるなら会えるんじゃないか。
「じゃあ、待ってろよな」
 え?
「いつか鼻を明かしてやる」
 ……そうか。
「約束するか」
 いいよ。
「よし」
(にゃー)
 ほら、もう結構明るい。子どもは早く学校へ行きな。
「あ、ああ……」
 うん?
「いや、うん」
 ああ、なるほど。
「なに」
 お前、学校に行けない感じか。
「なっ、お前なんで、どうして」

 声は滲んで消えていった。

    *
 
 
 朝の日差しがカーテンの向こうから細く差す。
 部屋は少しずつ明らんでいく。
 
 変な夢を見た。
 名前も知らない生意気な子どもと、言い合っている夢だ。

 声を出そうとして、嗄れた音しか出てこない。
 これが普通だ。
 夢は身体の感覚が薄かった。
 だから、いくらでも話していられたのだと思う。
 
 気分は上を向いていた。
 とても珍しいことだ。
 
 光が暖かい。
 遠くで鳥の声がする。
 その合間に、なにかが鳴いた。
 聞き覚えのある鳴き声に、急いで窓を開けた。
 外に広がる花咲く木の香しさを全身に浴びた。
「いたんだな」
 黒いシルエットが遠くに見える。あの猫だ。
 目があったと思ったら、すぐに塀を登ってしまった。
 聞き慣れた声とともに、その姿が向こう側へと消えていく。
 
 塀の途中で、千切れた鈴が転がっていた。
 首輪の残骸だった。
 
 飼い猫というのは、案外俺とおなじなのかもしれない。
 
 振り返って、部屋をみる。
 碌に片付けたこともない部屋。
 ここから出たくなくなって、もう何年になるのだろう。
「まずいな」
 このままじゃいられない。

 猫がいたのだから、あの子だって本当にいるのだろう。
 もしも何かのはずみで今の俺が見つかったら、失望されてしまう。
 大人に憧れるあの子に、こんなものは見せられない。
 
 今まで何年もできなかったことだ。
 一抹の不安はある。
 だけどやる気も湧いている。
 やはり人と話したからだろう。
 
 そんな話を、したくなった。
 伝わる相手はあの子しかいない。
 

 青い空の下。照り映える白いコンクリート。
 どこか遠い街にいる君を勝手に想う。


Webanthcircle
サークル名:鳴草庵(URL
執筆者名:雲鳴遊乃実

一言アピール
こんにちは、「くもなきゆのみ」と申します。小説を書いてます。
5年間の活動の集大成的短編集「拡張現実試論」をどうぞよろしくお願いします。


Webanthimp

この作品の感想で一番多いのはしみじみです!
この作品を読んでどう感じたか押してね♡ 想像した!思ったら「imagine!」でお願いします!
  • しみじみ 
  • ほっこり 
  • imagine! 
  • しんみり… 
  • かわゆい! 
  • ロマンチック 
  • 怖い… 
  • 楽しい☆ 
  • ゾクゾク 
  • 胸熱! 
  • キュン♡ 
  • うきうき♡ 
  • ドキドキ 
  • ほのぼの 
  • 切ない 
  • 泣ける 
  • 笑った 
  • 感動! 
  • ごちそうさまでした