タグ ‘千美生の里’

『ミディアミルド物語』外伝「その佳き日まで」第五章「ほうれんそうのポロル」 抄

ファンタジー

【此処に至るまでのあらまし】 女性との艶聞えんぶんがなかなか絶えない辺りから“ノーラ家の不良息子”とも呼ばれる […]


試験

ファンタジー

 コトリ、と机上に置かれた木工細工に、銀髪の青年魔道士ソーサラーは怪訝そうな目を向けた。  着彩はされていない […]


『小説BADOMA』 第六章「はかなき花」 抄

2次創作

BADOMA~血塗られた伝説~ 2次創作 ---------------- 【此処までの粗筋】 「王の試練」に […]


樹海で一番怖いのは

ファンタジー

 ミディアミルドに於いて、森林の類たぐいが“樹海”と呼ばれるには、三つの条件がある。  ひとつは、少なくとも森 […]


漂う遺跡

ファンタジー

 オルディアーナ大陸の南に広がる海域は、太古、神々の戦いの最終決戦の舞台になったという伝説から、“戦いの海バト […]


初めてのロベンバ

ファンタジー

 ノーラ家の本家に生まれた男子に課せられる、武芸以外での最初の〝試練〟――  それが、五歳になって最初に迎える […]


語らぬは

2次創作

「そなたは此処ここに残り、我が最後の楯たてとなるが良い」  立ち上がろうとしていた俺は、単眼たんがんなる一族の […]


「月は欠けゆく」 抄

歴史

【おことわり】  今回は、二〇〇四年NHK大河ドラマ『新選組!』の二次創作『月は欠けゆく』(二〇〇五年刊行)か […]


「訣別の宵」 抄

歴史

「失礼致します、副長」  背中から呼び掛ける声に、土方歳三ひじかたとしぞうは鐙あぶみに掛けかけていた右足を下ろ […]


検索

テキストビュー設定